1001個の弁当

2015年06月15日

No.16
16


No.17
17


No.18
18


No.19
19


No.20
20


【ひとこと】
卵焼きは黄色。ゆでたまごは黄色と白。卵焼きで味付けを楽しむのもいいけど、ゆでたまごで弁当の中身の色を増やすのもありだと気付いた。

しかし毎日毎日【必ず】作らなければいけない母親は大変。僕なんか寝坊して作れない日があっても誰にも迷惑かからない立場で作ってるんだから、そりゃ楽しいだろうよ。そういったことを頭で理解するだけでなく、ちゃんと体験するというのも大事なこと。

世の母親たち、みなさんいつもお疲れ様です。
いただきます。

座頭魄市orejiru at 12:21│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月27日

No.11
11


No.12
12


No.13
13


No.14
14


No.15
15


【ひとこと】
せめてもう少しおかずが分かるように写真撮れよと。朝バタバタしていて余裕ないんだなぁと気付いた。

旅の思い出にもなるように、何処かに出掛けたら弁当のおかずになる特産品を買って帰って弁当にいれていく、なんてのを始めてみたけど、撮り方もそうだし、もっと根本的な弁当の詰め方がなってない。これじゃ分からないよな、何処行ったか。

一応、仙台の牛タン煮と、遠野のわさびちくわが入ってるよ。

座頭魄市orejiru at 18:02│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年05月26日

No.6
6


No.7
7


No.8
8


No.9
9


No.10
10


【ひとこと】
料理の腕にはそれなりに自信があったのだけれど、弁当作りって全く別の技術が求められる。冷めてもおいしい料理を理解するのにはまだまだ当分かかりそう。弁当作りに特化した料理本は一冊も持っていないので今度本屋で探してこよう。

座頭魄市orejiru at 13:50│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年04月26日

2014年7月1日から始めた体作りも、あと3ヶ月で1年を迎える。当時(http://takushi.blog.jp/archives/51995309.html)あれだけ億劫だったランニングも、すっかり習慣的な“入浴”や“歯磨き”と同列に捉えるようになった。

体脂肪20%から1年で体脂肪1桁まで落とすのを目標に走り続け、現在は11%台にまで到達した。

けれどもここにきて完全に停滞してしまった。

走れども走れども、体脂肪落ちてはいかず。数字は11%と12%の間を居心地良さそうに腰を落ち着けてしまった。ゆらゆらと揺れながら。

生活習慣を見直して、改善できそうなものは手当たり次第に修正してここまできたが、お昼ご飯は好きなものを食べる(但しラーメンには規制をかけて)という、ある種の「主義」といってもいい部分にまでメスをいれて、見直していく必要に迫られた。

「ランチくらい好きなもの好きなだけ食ってやる主義」を曲げるしかない。


そんなわけで、図らずも「弁当男子」というサードウェーブ系な流れに呑み込まれていく展開となってしまったのだが、せっかく弁当を作るのだから、他に付加価値をつけてその過程を楽しみたいと思い、弁当素人の成長記録を残そうと決めた。そして、せっかくやるのだったら3ヶ月なんて半端に取り組むのではなく、とことんやってみる。

1000個。

弁当を作ったことのない男性が1000個の弁当を作るとどれくらい成長するのか。足掛け5年の1001個目の弁当を妻と息子のために作ってあげる。

これならきっと最後まで楽しめる。


では、始めます。


No.1
1


No.2
2


No.3
3


No.4
4


No.5
5



【ひとこと】
やっぱり弁当おかずの王様「からあげ」から。近所で国産地鶏のもも肉が2kg単位の購入で100g68円というブラジル産鶏も驚きの価格で買えた。1kgを冷凍して、500gを醤油、日本酒、ごま油、にんにくしょうがで仕込み、500gをヨーグルト、オリジナル7種のミックススパイスで仕込んだ。一人の弁当用としては仕込すぎ。しばらくからあげが続く。失敗(味はいい)。仕込みは多くて300gで止めておこう。

弁当箱を持っていないので、息子が幼稚園の頃使っていた小さい弁当箱を2個拝借。秋田の曲げわっぱが欲しい。でもその前に腕をあげなければ。

座頭魄市orejiru at 10:02│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索