創作

2013年03月27日

1258091496_a5b33c894e_o

“愛する人には愛されず、欲する物は我が手に入らず、手の中の玉は逃げ出し、希望の多くは仇夢なのだ。”—坂口安吾「デカダン文学論」


手間をかけ偶然を積み重ねたので、廿日鼠と夏の頃、すっかりと仲良くなった。併し実のところ、廿日鼠は仲の良い取り巻きの女史に常々囲まれており、二人きりになる機会なぞ滅多なかった。取り巻きは数名いて、廿日鼠と私の距離を縮める一助となってくれてはいたが、有難味は次第に薄れ、この恋の障害どもを蹴り殺したい衝動がこみ上げてくる。女史も鋏も使い様だとは友人から常々説教されていたが、女史の用途なぞ千摺りでの二次利用以外思い浮かばない為体振りの私。併しこの取り巻き女史達に至っては何分セクシイさに欠けていた。根がスペクタクルで出来ている私でさえ、アイボリイの木綿肌着を穿かせてやるのが精一杯で、純白の絹下着を穿かれておられるであろう廿日鼠を想えば、汚すに値しないのである。であるならば使い様もない。使い様もないのだが、味方につけるしか道はどうやらないのである。そこで取り巻きのうちの同じクラスの阿呆の方に相談を持ち掛けた。
「ぼく——実を言うと廿日鼠が好きなんだよね。」
「え、あからさまにわかるよね。」
「——そんなあからさまだったかな。」
「え、ばれてないと思ってたんだ、ある意味すごい。」
阿呆に露見するほど表に出ていたとなると、廿日鼠からもそう見えているのかと心が錐揉みする。はた思い返し、この阿呆は恋心を知りながらにして、廿日鼠を取り巻いていたのだよな、それはつまり廿日鼠に悪い虫がつかぬよう(まさか私が悪い虫であるはずもないのだが)二人きりにしてはいけないなんてクソみたいな正義感のつもりかと頭に血が昇る。併しここは蹴り殺したい衝動を抑え、阿呆に伺いをたて真偽を問い正すと同時に、告白の結果を覗いてやろうと、浅ましさをオブラアトに包んだ質問をしてみた。
「告白してみようと思うんだけど、おまえの意見を聞いてもいいかな。」
「——たくし君はねえ、外見上はいいと思うの。でもね、喋るとボロが出るから——そうね、ずっと黙ってればいけると思うよ。」
言うなり、けたけた笑い出した。耳障りな笑い声に反応して再び頭に血が昇ってきた私は、近くに廿日鼠がいないのを確認し、ノオトを丸めて阿呆の頭を思いきりはたきつけてやった。
「ほら、ね。」
「ほらね、じゃねーよ。何がいけると思うだよ。おまえほんと阿呆だろ。」
「ほら、ほら。」
目を丸っとして頬を赤らめるので、退きどきと察し、矢継ぎ早に空っぽの鞄を持って学び舎を後にした。外に出て空を見上げると雲一つとない空っぽの青だった。鞄の中も、この空も、あの阿呆の頭の中も、全部空っぽじゃないか。併しかく言う私も空っぽだったとオチがつき、けたけたと乾笑を零した。

油蝉のジリジリと鳴く音と、練習に励む野球部の掛け声が雑じり合った夏の音を聴きながら、放課後の学び舎で廿日鼠達と花火の計画を立てた。夏の夜、男女が忍んで花火を嗜むなぞ、童貞の私にとっては色事に他ならず、つまりは愛の告白に廿日鼠がごくんと頷いたに相違なかった。男子四人と女史四人、都合八人での花火であるが、それでも頷いたに相違ない。
「じゃ、金曜日な。」
足早に学び舎を後にして花火を仕入れに駆ける私の心の中は、廿日鼠と二人で線香花火をする夢がパチパチといつまでも鳴っていた。『線香花火を好きな人と一緒にやって、火玉が最後まで落ちずに燃え尽きたなら、その恋は叶うんだって』そんな女史学生の馬鹿げた仇夢を思い出し、落ちるものか、落ちるものか、落ちるものかと何度も舌の上で言葉を転がした。酉の月の酉の刻、月光も陽光も祝福するように私を照らしてくれていた。

その瞬間が楽しければ楽しいほど、幸福であれば幸福であるほど、言葉として書き起こそうとすればするほどに、其れが嘘だったかの様に遠ざかる。恐らく先人は其れを青春と概念化したのであろう。あの綺羅を尽くした夏の夜、廿日鼠と過ごしたあの夜よ——

(秋につづく)


座頭魄市orejiru at 12:09│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年03月12日

1258091496_a5b33c894e_o

〝人は正しく堕ちる道を堕ちきることが必要なのだ。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。〟—坂口安吾「堕落論」


西村賢太「どうで死ぬ身の一踊り」読了後、その面白さの味をしめ、同作家「苦役列車」「小銭をかぞえる」「二度はゆけぬ町の地図」「暗渠の宿」と立て続けに読み耽った。前記五作品でもって一先ずの腹は満たされたものの、その腹の少しばかり上にある胸中は、ざわりと不気味に騒いだ。この時分、負けん気任せの私小説に取り掛かりたいと早る気持ちが、ざわざわと鳴いているのかと思うたが、どうもそれだけではないような、奇妙な感覚があった。辿ってみるとそれは、冒頭の一文と出逢った齢十六の秋に続いていた。


十六を思い返してみれば、粛々淡々と繰り返される退屈な日常に、殆飽き飽きしていたのだが、ひょいと外れた先に待つ、激情の屑のようなものを見つけた。それは校庭を挟んだ学び舎の向かいに建つ、弓道場にあった。授業の終わりを告げる鐘が鳴れば、仮令手付けのものあれども、やや駆け足で弓道場へと向かった。的場は山の斜面に設けられており、その周囲を鬱蒼とした森が囲む。その森へ踏み込んで茂みを掻き分け、的場裏に回り込み、忍んで二十八メートル前方の射場を見つめて折を待つ。頃合い良く部員どもがぞろぞろとやってきて、練習が始まると途端、矢継ぎ早に矢を放ってくる。軍の庭と化したその戦線にて腕を組み見ていると、私を仕留めようと躍起となっている敵軍に思えてきて、空切るばかりで中たらぬぞと高笑いなぞ返してやりたくもなってくるのだ。そのうちに「ひゅんっ」と音たて迫る矢に、私の陰嚢もつられて「ひゅんっ」といじらしく縮こまるのに気付き、このいじらしい現象に名前をつけねばとしばし考えて、「ひゅんっ」と名付けるなぞしてやった。

ところで目的は、「ひゅんっ」と陰嚢を縮こませるに非ず、実のところ弓道女史を覗いていた。凛とした姿勢で射形を磨く女史どもの姿を確り焼き付けてから、早々に帰宅し、先程の女史どもの姿を眼前呼びつけてからに千摺る。此度何処を射て汚してやろうか、白筒袖か黒袴か白足袋か。今日も今日とて胸当てか。弓のように身を撓らせ射精に至り、結局いつも自分を汚す始末であった。

射場の隅で、いつも雑用ばかりしている身の丈小さな女史がおり、ちょろまかと廿日鼠のようにせわしく動く様が妙に気になり始め、次第にそれは恋心と膨れていった。廿日鼠は同学年と知れて、どうにか接近出来ぬものかと奇策妙計を机に齧り付いて練るも、半刻も経たぬうちから千摺り振出しに戻る始末。結局下手の下手、ふみと言ふ熊のような図体の男に依頼する意を固めた。ふみ君は廿日鼠と同じ組の同じ弓道部であるし、間を取り持っていただけるだろうと当たりを付け話し掛けた。「ふみ君、面識もないのに失礼な話かもしれないけど、頼みがあるんだ。ぼく、恋をしていてね、その子に近寄るきっかけが欲しいんだ。」初対面ではあったが、根が小心者で出来ているくせして、この時ばかりは、ふてぶてしくも用件から切り出した。無論万が一にも断ってくるようであれば、踵を返すと見せかけ回し蹴り、伸してやるつもりであったが、併し根が善意で出来ているふみ君は、茶漬けを召すようにさらり頷いた。斯くして廿日鼠が駅前で、帰りの電車を待っているところに偶然の態でもって接近し、与太話にこぎつけたのだった。以来、偶然的待ち伏せ、自然的がぶり寄り、徒然的千摺りなぞ繰り返し、人生において初めての、恋人なる存在を得られるやもしれないなあ、と期待愈々高まり、その折を夢見て毎夜月を見上げた。

(夏につづく)

座頭魄市orejiru at 20:01│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年02月21日

481ff028fa1f6847

トントン拍子に話は進んで、あれよあれよも好きのうち、blogで告知する間もなく、全4回の連載が終了しました。

ダイレクト文藝マガジンにて「とぶねずみ」執筆させていただきました。Vol3〜Vol6に掲載されております。忌川タツヤ編集長の軽快なリズムを楽しめるKDPノウハウ本メッタ斬りコーナー他、KDP黎明期のいまだからこそ感じられる、新しい波がここに。いや、渦と表現したほうが正しいかもしれない。渦は広がり、きみを飲み込む。渦の中心に、狂熱は待つ。それは意外にも心地よく。きみもよろしければ。

ダイレクト文藝マガジン 003号 「田端信太郎インタビュー / KDPノウハウ本メッタ斬り(中編) / 新連載 佐藤拓史 廣川ヒロト」
ダイレクト文藝マガジン 003号 「田端信太郎インタビュー / KDPノウハウ本メッタ斬り(中編) / 新連載 佐藤拓史 廣川ヒロト」


ダイレクト文藝マガジン 004号 新連載 山田佳江『電子の灯す物語』 文芸特集号
ダイレクト文藝マガジン 004号 新連載 山田佳江『電子の灯す物語』 文芸特集号


ダイレクト文藝マガジン 005号 「DRMフリーのKindle本を、家族や友人と貸し借りする方法」
ダイレクト文藝マガジン 005号 「DRMフリーのKindle本を、家族や友人と貸し借りする方法」


ダイレクト文藝マガジン 006号 「とぶねずみ最終回/初登場 小林楓 犬子蓮木」
ダイレクト文藝マガジン 006号 「とぶねずみ最終回/初登場 小林楓 犬子蓮木」 [Kindle版]


いやあ、とかなんとか、かしこまっちゃって、なんてーの、
つまるところ、新しいびじねす、的な?
じぶん発信、これがNew!ぼくらの自己シュチョー!的な?

ちゃいますねん、ぜんっぜんちゃいますねん。
そういうのもう、わて、どうでもええねん。

きみ、干支なん周め?
2周めならええわ。Newビジネスに自己シュチョー、2周めなんやろ?干支2周めいうたら、せやな。わて、3周めやで、3周め。わろてまうわ。あと3回か4回か「近頃めっぽう寒くなりましたねえ」言うてるうちに4周め。泣いてまうわ。箸転がっただけで泣いてまう。公園のハトも最近、近づいても逃げへんもん。

そういうね、箸転がっただけで泣いてまうような奴に、狂熱を感じてもらいたいねん。

2周めは情熱やった。3周めは狂熱や。

2周めはええで。わかってくれとは思わんよ。3周めの奴にバンバン石投げたらええねん。
遠投や。4周めに当たって、雷おとされるくらいでええ。

3周めの狂熱のなか、頭のなかに1000のヴァイオリンが響くんよ。

ヒマラヤほどの消しゴムひとつ たのしいことをたくさんしたい
ミサイルほどのペンを片手に おもしろいことをたくさんしたい

ペン先に狂熱つめこんでなあ、そんで、夢のつづきを書くねん。
きっと、すげーたのしいもんがそこにあるねん。
先に行っとるよ、そこで会おうや。永遠に待っとるから。




座頭魄市orejiru at 02:56│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年02月02日

flogo

博士「今回の実験はとても有意義なものだったよ」
助手「なんですか?」
博士「君はどのような感情をもった時にいいねボタンを押しているかね?」
助手「どんなとき…ですか…あまり考えてないです」
博士「質問が悪かった、では最近いいねを押した投稿を思い出せる限り言ってみてくれ」
助手「友達の子供が産まれたんですよ。それにいいねをしました。それと、友人がアヘ顔だぶるピース…あ、博士知ってます?まあ変顔ってやつです。変顔写真をあげてて押しました。おもしろいんですよ、あとで見せますね。あとは…うーんなんだったかな」
博士「ゆっくりで構わないよ」
助手「あ、たしか飲み会だったかな?その写真にいくつか押しました。それから…食べ物の写真…あとは…」
博士「君はいいと思ったものにいいねを押してるのだよね?」
助手「いいと思ったからですよ。ただ…すぐに出てこないだけですよ」
博士「はっきりと覚えてるのは子供の誕生とアヘ顔?くらいのようだね」
助手「……」
博士「実は君だけじゃない。興味深いことに、多くの人が記憶に残っていないのだよ。」
助手「…そうかもしれませんね」
博士「わたしは周囲に“記憶される”投稿を考えてみたんじゃよ。トイレで考えて閃いたんじゃ、うんこを投稿すれば記憶されるじゃろうと。」
助手「……」
博士「土曜の20時にじゃ、もちろんテキストでじゃよ。テキストで3文字【うんこ】とだけ投稿じゃ」
助手「はかせ…」
博士「君はとつぜん土曜の夕飯時にうんこが投稿されたら記憶に残るかね」
助手「それは残りますよ。唐突に流れてきたら笑いますね。」
博士「いいね、押してくれるかね?」
助手「押すわけないじゃないですか(笑)」
博士「なぜ押さないのじゃ?」
助手「…」
博士「まあいい。先週の土曜日に投稿してみたんじゃよ」
助手「(笑)どうでした?」
博士「いいねはしてもらえなかったよ」
助手「やっぱり(笑)」
博士「伏線としてカレーライスの写真を事前に投稿したのじゃがだめじゃった。カレーライスは32いいねじゃったのに…」
助手「おもしろいですね(笑)」
博士「次にわたしは【まんこ】と投稿することにした」
助手「はかせ…さすがにそれは…」
博士「なぜじゃ?君もまんこいいじゃろ」
助手「いいとかそういうはなしじゃないですよ…まずいですって」
博士「もう投稿したよ」
助手「え?!」
博士「驚いたよ」
助手「どうなったんですか?」
博士「おんなともだちがゼロになったんじゃよ」
助手「はかせ……」
博士「本来であればあるわけがない場所にうんこがあれば笑ってしまうじゃろ」
助手「そうですね(笑)実際笑ったと思いますよ、いいねしないだけで」
博士「会えばまんこの話なんてよくするじゃろ」
助手「まあしますよね(笑)」
博士「なのに…なぜじゃ」
助手「…」
博士「人類は、どこへ向かっとるんじゃろうか…」
助手「はかせ……友達申請しときますね」
博士「ともだち…」
助手「はかせのそういうとこ、好きですよ」
博士「きみ…」
助手「はかせ…ところでなんの実験だったんです?」
博士「…………なんだったろうか」
助手「めっちゃ落ち込んでますやん(笑)写メ撮りましょ、はい!いきますよーーー!堕ち顔だぶるピーーーース!!」




座頭魄市orejiru at 22:51│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年01月18日

週も半ばのこんなクソ寒い木曜日の真っ昼間に、スーツ姿のサラリーマンが取っ組み合いの殴り合いをしているのを目撃しまして、それを車中安全圏から「いいぞ、もっとやれ」と双方応援しながらふと、最後に人を殴った日の事を思い出しました。

体罰問題のエントリーをよく目にする中、夜回り先生こと水谷修先生が先日書いた記事【私は、一度だけ体罰を生徒に与えたことがあります】を丁度読み終わりましたのでスピンオフっていうんですかね、かっこいい感じでいうと。

今から10年前の話です。わたしが最後に人を殴ったのは。
ジョーは問題児でした。ジョーとわたしは高校で出会ったのですが、入学当時からジョーは周囲の人間とはどこか違っていました。それは入学後、最初の美術の時間でした。美術の先生が最初に出した課題は隣の席の人間同士、互いを描くものでした。わたしはジョーを描きはじめました。何度もジョーを観察するうちに、ジョーに違和感を感じました。
ジョーはわたしをほとんど見ていないのです。その違和感は時間が経つにつれ確信に変わりました。彼はわたしを想像で描いている。パレットに目をやると、青色の分量が異常に多い。わたしは青い服など着ていないのに。ジョーと同じく真っ黒の学生服だというのに。黙々と描きながらジョーは何度か含み笑いをしていました。きもちのわるい青年だと嫌悪感を抱きました。
チャイムが鳴ると同時にわたしはジョーの描いた絵を奪い取りました。
案の定、きもちのわるい、例えようのないほどきもちのわるい、薄汚い絵でした。

青白い顔をした、ジョー目線でのわたしの絵をそのまま破り捨てようかとも思ったのですが、このようなきもちのわるい人間と接触するのは初めてという好奇心も手伝い、わたしは彼と交流をはかりました。というのも、わたしもひた隠してはいるものの、きもちのわるい人間ですのでジョーのこころの闇に共感する部分もあったのかもしれません。
放課後、ジョーを学校近くの山に誘い、小さな町を見下ろしながら語りました。ジョーとわたしはすぐに打ち解けました。わたしは小学生の頃、下着泥棒をしていました。バカでしたので1枚づつ盗めばばれないという発想しかなく、同じ家を狙いました。3枚目を手に入れてすぐに下着の持ち主から学校に通報されあえなく御用となり、泣きながら持ち主に謝ったのを思い出します。下着盗んで何がしたかったの?と問いただされ、さすがに履いてましたとは言えず、うつむいて泣くしかありませんでした。その話を聞いたジョーは笑いながら中学でブルマ黒ストッキングに手を出していた過去を語ってくれました。16歳の友情のはじまりなんてものは案外単純なものです。


ジョーとの交流は高校卒業後も続きました。二人で暮らしていた時期もあります。
それから20代前半。わたしたちは友人4人でタイへ旅行に行きました。わたしがジョーを殴ってしまったのはタイの旅行中でした。
わたしたちはその晩、ナナプラザに向かいました。ナナプラザは夜遊びスポットで、ゴーゴーバーと呼ばれているお店が連なる地。女性達の香水の香りと屋台の香草の香りと近くのどぶ川の匂い、ぎらついた白人の体臭や精液の匂いやらがごった煮となり、タイの熱風とともに鼻奥を刺激する歓楽所です。
ナナプラザでわたしは一人の女性に心を奪われました。その女性はファッション誌から飛び出してきたかのようなとても美しい女性でした。女性に見惚れていると、その女性はわたしの視線に気がつき手招きをしました。人形のような女性に操られるまま、わたしは女性の傍に立ちました。「店に来て。」そう耳元に囁き、わたしの手を取って店に案内されました。その店はオカマバーでした。わたしは混乱しました。一人では考えられず、女性に「また来る」と伝え一度店の外で待つジョーと仲間たちの元へ戻りました。わたしは仲間たちに恋におちたと正直に伝えました。二人の友人はとても嬉しそうでしたが、ジョーだけは違いました。ジョーはわたしの恋を真っ向から否定しました。「あれ男だぞ」わたしは彼の言葉の意味がわかりませんでした。わたしの考えではちんちんがついているかついていないかの違いは大した問題ではないですし、そもそも男が男に恋をするのは特別な問題ではないはずです。しかしジョーはわたしに追い打ちをかけるように捲し立てます。「あれ男だ。ありえねー」「改造人間だよ、きもちわりー」わたしは次第に怒りがこみ上げて来ました。「ジョー、そりゃ差別だよ。心は女なら女じゃないか」「いや、ありえねー。まじ無理だわ」「ジョー、男が改造して女になったんじゃない。女にたまたまちんちんがついてるだけだ。それならそのちんちんも女じゃないか。」言い争いはナナプラザの入口でヒートアップしていきました。熱量も沸点に達したところで「お前があれを女だっていうならお前もきもちわりーわ。」

私は、ジョーの胸ぐらを掴み、思いっきり殴りました。

「ジョー、なぜ分からないんだ、差別だって。お前が誰かを好きになって、その子にちんちんついていたらお前は冷めるのか?お前が人を好きになる感情はその程度か?」

ジョーもまた、わたしの胸ぐらを掴み、殴りました。

「フツーの人間ならちんちんついてたら冷めるだろ!」

周囲にいるたくさんの白人たちが、わたしたちを心配そうに見ていました。渋谷のハチ公口並の賑わいを見せるナナプラザの前でニッポンジン二人がちんちんちんちん連呼しながら殴り合っているのですから謎めくエイジアでしたでしょう。程なく、見守っていた友人二人が止めに入りジョーとわたしを引き離しました。その日は別々のトゥクトゥクに乗り込み、別々の方向、夜の街に向かったような気がします。翌日以降もちんちんがついている女については一切触れないよう互い気を使いながら過ごしました。ジョーが考えを改めてくれたのはそれから3年も後のことでした。3年がたち、ジョーはわたしに「なあ、最近おかまに興味あるんだよね」と告白してくれました。わたしはやっとジョーが理解を示してくれたことを喜ぶ反面、やっぱりきもちのわるい人間だと寒気がしました。わたしはおかまに興味あるわけではありません。たまたま、惚れた女がおかまだっただけです。また殴り合おうかとも思いましたが、ぐっと堪えて歓迎しました。

人を殴るのは決していいことではありません、正論です。
同時に、正論だけがいいことでもありません。ちんちんついてる女をバカにしないでください。
正論言うならちんちんついている女ってヘンですよ。絶対ヘンですよ。
でも少し、少しだけ興奮をおぼえるんです。それが大人なんです。


いま、なぜこのようなエントリを書きはじめたのかよくわからなくなってしまいました。着地点がありません。わたしの悪い癖ですので出直してきます。


※追記
この投稿を読んだジョーから連絡がありました。
「おれが手を出したのはブルマじゃない 黒ストッキングだ 訂正しろ」
訂正するまでもないだろうと思ったのですが、とても重要な事なのだそうです。
ブルマじゃだめだ、黒ストッキングじゃなければ意味がないのだと。
次会ったとき殴ります。



座頭魄市orejiru at 21:08│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索