2017年01月07日

地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか
アン・ルーニー
日経ナショナルジオグラフィック社
2016-07-15


先日の記事で紹介した「地図のたのしみ」http://takushi.blog.jp/archives/52075041.htmlに絡めてもう一冊おすすめ本。

「地図のたのしみ」は脳がよろこび、「地図の物語」は目がよろこぶ。

古くは25000年前にマンモスの牙に刻まれた地図から始まり、NASAによって撮られた最新の衛星写真まで、140点以上の図版を網羅している。どの図版もとびきりうつくしい。
構成は全5章。各章の中から1枚ずつピックアップ。

第1章 われらが大地
初期の地図は居住者たちによって作られた
C1iuZkfUoAACuPr

25000年前にマンモスの牙に刻まれた模様。これが地図かどうかは専門家の中でも意見が分かれるようだが、仮に地図であるならば最古の地図となる。地図のはじまりは「わたしは今どこにいるのか」

第2章 山海を越えて
旅や移動を収録した地図の数々
C1iuqWIUkAAdvUY

1497年に描かれた聖地巡礼図。ベネチアからキルケラ島、メトニ港、ロードス島と航海して、パレスチナへ向かった旅の記録となる。写真では見づらいが右端に見えるのが聖地の終着点エルサレムが描かれている。

第3章 探検と領土拡大
「探検」がもたらした地図のさらなる拡大
C1iurLoVQAARMqN

個人的にロマン溢れるこの地図はとくにお気に入り。1595年のもの。北極圏がはじめて描かれた地図で、中央に黒い巨大な岩がある。当時は北極に向かって4本の川が流れ込んでいて、渦を巻きながら地球の奥底へ吸い込まれていると考えられていたらしい。最高や!

第4章 世界観の変客
世紀を跨いだ遠方への旅が地図を完成に導いた
C1iu19QUsAEp--O

1450年の地図。西洋で初めて「日本(当時の表記はcimpagu)」が描かれた。白人に居場所がバレて600年経った。

第5章 主題図の登場
題材・使用目的を絞った現代の地図
C1iu7m5VIAMejet

1815年の地層地図。聖書では地球誕生が6000年前との記述だったが、19世紀にはじめて地層の調査がされ、どうやらこの地球にはもっと壮大な物語があることに気づき始めた人類。胸熱!


リビングに無造作に置いておき、子どもの目にとまるように仕向けるのもいい。これは冒険の書なのだ。宝箱のありかが描いてある地図を見るような目で、この世界を眺めてほしい。

座頭魄市orejiru at 14:33│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月04日

古本屋で見つけた一冊。

随分長い間、TVはほぼ「ブラタモリ」しか見ていないのですが、そうなると興味の方向も次第に偏りはじめ、こういったタイトルに目がいってしまうわけです。

地図のたのしみ (KAWADEルネサンス)
堀 淳一
河出書房新社
2012-03-23



目次を見ると「釜石線物語」の文字が。ページを捲ると故郷の地図が載っていて、その地図に見る考察を読みたく即購入。

後から知ったのですが、この本は地図好きの間ではバイブルとされている名著なようです。

C1SE25rVIAAKdXw
釜石港近辺の今昔地形図

C1SE5wcUoAArzxJ
釜石ー遠野間の鉄道

C1SE9GPUQAA5jlh
花巻市の大正時代の鉄道

故郷の章はもちろんのこと、全ての章がおもしろい本でした。地図をじっくり読み込み、その土地の風景を想像する。鉄道好きと地図好きの親和性が高いのは、理想の構図の鉄道写真を、事前に地図から高低差を読み解くことが出来るからなのかもしれませんね。地図が読めればいいショットが撮れるポイントの予想がつく。その答え合わせは最高に気持ち良さそう。

地図があれば家の中でも旅行が出来る。
地図はいいぞ。

座頭魄市orejiru at 09:00│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月01日

2016年に読んだ本でオススメを聞かれたなら、迷わずこの本を推す。

何がスゴいって、書く技術の低いわたしですら読んでいて「この文章はちょっとないなぁ…」と何度も思ったにもかかわらず、内容そのものが面白すぎて読後は「これが2016年ベストだ!」と全力で推してしまうほど大興奮。文章力と本の面白さは比例しない好例。

戦国モノといっても弓矢や刀でえいやっ!と争う話ではなく、そういった戦国らしい描写は一切出てきません。

前前前世からの大大大規模な土木小説です。

家康、江戸を建てる
門井慶喜
祥伝社
2016-02-09



構成は全5話の連作短編で、各タイトルは下記の通り。
第1話 流れを変える
第2話 金貨を延べる
第3話 飲み水を引く
第4話 石垣を積む
第5話 天守を起こす

家康がどのように江戸をつくりあげていったのかが分かる名著です。全話おもしろいですが、特に気に入ったのは第2話の金貨を延べると、第3話の飲み水を引くの2つが好き。

土地の時代から貨幣の時代へ変わる流れを読み、農民には使いづらい大判より小判の生産を命ずる先見の明。秀吉が作らせていた西の金貨よりも金の含有率を高めることで、質のいい東の金貨を全国的に流通させようと仕掛けた通貨戦争にしびれます。日本橋にある日本銀行本店の歴史、ロマンあっていいですよ。

そして井の頭公園付近に住んでいる者として、第3話の飲み水を引くは最高でした。この土地にこんな歴史があっただなんて、全く知りませんでした。現在では水質はあまり褒められたもんではないけれども、当時の江戸に住む人たちの貴重な飲み水として、はるばる江戸まで水を引く大工事をしたんですね。

やっぱり東京は面白いですね。この本を読んで改めて東京が好きになりました。ブラタモリが好きな人なら間違いなく面白い本ですので是非。


座頭魄市orejiru at 22:54│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月24日




以前読んだ「1964年のジャイアント馬場 」がおもしろかったので、「1985年のクラッシュ・ギャルズ」も読んでみた。

「1964年のジャイアント馬場 」の感想記事 
http://takushi.blog.jp/archives/52021561.html

井田真木子の「プロレス少女伝説」(http://takushi.blog.jp/archives/52025986.html)を以前読んだのですが、クラッシュギャルズも読んだおかげで当時のプロレスがより分かってきました。こりゃあハマっちゃう人が続出するのも当然ですよね。プロレスの面白さが分かってきたところで、現在「1976年のアントニオ猪木」を読んでいるところです。

同時にこの本も購入。


とりあえずこの本読んだらプロレス本には一区切りつけようかな。


座頭魄市orejiru at 12:30│コメント(3)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月19日

セラピスト
最相 葉月
新潮社
2014-01-31



若気の至りというか、10代から20代はじめの頃の僕はドロップアウト状態だった。その頃はへんな友人も多かったので、いろんな話が飛びこんできてたのだが、そのうちの一つが「精神科で気持ちが沈んで何も手につかないと言えば、いいお薬がもらえるよ」というもの。いたって心は健康ではあったが、そいつが言うには合法的に多幸感を味わえるのだと。結局お薬をもらい、錠剤を砕いて粉末状にし、鼻から吸い込むという行為に至るまで、一気に転がり落ちた。

15.6年も前の話なので、現在の精神薬の状況はわからないが、とにかく精神薬はけっこう(僕の体には)効く印象がある。粘膜から直接摂取すればそりゃ誰だって効くだろうって話でもあるが。


この本を読む前と読んだ後で、僕のなかで変わったのは、もしもこの先、心が病んでしまった自覚が生まれたら、まずは精神科医を訪ねる前にセラピストを訪ねてみようという考えに変わった。

「精神科医よりセラピストのほうが優れている」という意味ではない。薬の投与が必要な状態かどうかも含め、まずはじめに相談したいのはセラピストかな、という個人的な考えとして。

ただ、信頼できるセラピストに出会うまで5年かかると言われているように、セラピストとの相性が非常に重要なため、心が健康な今のうちに調べられることは調べておこうとも思った。自分の住む周辺にいるセラピストをリストアップし、どのような療法に取り組んでいるのかくらいは把握しておきたい。


座頭魄市orejiru at 11:41│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索