2017年03月26日

「おまえは相手の鼻を殴った。そいつが前かがみになった。そうしたら、あとはそいつが立ち上がれなくなるまで、ひたすら殴りつづけろ。敵が何人だろうと、おまえは負けない。相手がひとりでも、ふたりでも、三人でも関係ない。これはな…熊のダンスだ、レオ。いちばんでかい熊を狙って、そいつの鼻面を殴ってやれば、ほかの連中はみんな逃げ出す。ステップを踏んで、殴る。ステップを踏んで、殴る!そいつのまわりでステップを踏んで、パンチを命中させる。たいしたパンチに見えなくても、何度もやられれば相手は疲れてくる。混乱して、不安になってくる。そこにおまえがまた次の一撃を食らわせる。ちゃんとステップを踏んで、ちゃんとパンチを命中させれば、おまえは熊にだって勝てる!」


熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ・ルースルンド
早川書房
2016-09-08


熊と踊れ(下)(ハヤカワ・ミステリ文庫)
アンデシュ・ルースルンド
早川書房
2016-09-08


冒頭の引用文は父親から息子レオへの教訓だ。

これは、暴力の権化ともいえる父親に育てられた三兄弟の物語。家族と、暴力と、絆の物語。

三兄弟が狙うのは軍の武器庫。バッグの中にはプラスチック爆弾、m/46。ペンスリット86%、鉱物油14%の割合で混合した爆薬、1つの塊が40g。それを12個。2.5mの導爆線を爆薬に蛇のように這わせてダクトテープで固定する。12時から1時へ。1時から2時へ、ぐるりと円を描き、12時に戻ってくると、そこで短い尻尾をもたげる。そこへ着火する。合計480gの爆薬によって、武器庫の扉はひらく。

軍用銃221挺、弾倉864個。中隊2つ分に相当する武器。

そんな大量の武器を盗み出した三兄弟の目的は、史上例のない銀行強盗。

ステップを踏んで、殴る。ステップを踏んで、殴る。
繊細に、大胆に。警察の鼻面めがけ、繰り出す暴力。
これは熊のダンスだ。


犯行の描写も、心理描写も、細部が非常にリアルだ。
それもそのはず。これは事実に基づいた小説なのだから。

この小説はアンデシュ・ルースルンドとステファン・トゥンベリの共著。そしてステファン・トゥンベリは、小説に登場する三兄弟と、血の繋がった実の兄弟だ。つまり現実では、四兄弟だった。ステファンは当時、兄弟が銀行強盗を計画していることは知ってはいたが、参加はしなかった。スウェーデンでは家族が犯罪に手を染めていることを通報しなくても、罪には問われない。

スウェーデンは現金使用率5%に満たないキャッシュレス社会として注目を集めている。銀行にさえ現金はほとんどないのだとか。なるほど、キャッシュレス社会を実現できたのは、それなりの理由があるのだと、妙に納得してしまった。

上下巻あわせて1100頁を超える大作だが、時間をかけて読む価値のある一冊だ。
大胆な犯行に、そして家族の絆に震えろ。




座頭魄市orejiru at 10:41│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月29日

C3TcROPUoAAUbzk


はじめて読んだピエール・ルメートルは
「その女アレックス」
2014年に読んだBest10のうちの1冊に選んだ。
http://takushi.blog.jp/archives/52013331.html
「その女アレックス」はヴェルーヴェン警部シリーズの2作目にあたり、「悲しみのイレーヌ」の続編ではあるのだが、前作を読まずとも支障はない。単体作品としても十分に楽しめる。実際のところ、先に翻訳されたのは「その女アレックス」(2014年)が先で、アレックスが国内のミステリー賞を総なめに出来たからこそ「悲しみのイレーヌ」(2015年)が刊行された。

しかし、支障はないというのは嘘になる。
支障はある。
あった。

結局「悲しみのイレーヌ」を読むはめになり、その後さらに「その女アレックス」を再読することになったのだから。

そして、支障とは「再読」のことではなく、ピエール・ルメートル仕掛けの中毒患者となってしまうことだ。

当然、読者はピエール・ルメートルが提供する情報だけを頼りに、物語の全体像を編みあげてゆく。ピエール・ルメートルは、時には無慈悲に、時にはサービス旺盛に、情報提供の量を完璧に制御しながら読者を導いてゆく。悲劇的な結末を予感しながら。そして、悲劇の瞬間を待ちわびている心に震えながら。


最初の写真は2017年1月現在翻訳済みのピエール・ルメートル全5タイトル。2016年10月に「傷だらけのカミーユ」が刊行され、ヴェルーヴェン警部シリーズ3部作は完結となった。しかし、他にもヴェルーヴェン警部の中編2作が未翻訳となっている。すでに翻訳作業に入っているのか、既刊の売れ行きを見つつ検討中かは分からないが、次のピエール・ルメートルを読む日が待ち遠しい。

未読の方は「悲しみのイレーヌ」から是非。
総員、衝撃に備えよ。




その女アレックス (文春文庫)
ピエール ルメートル
文藝春秋
2014-09-02



傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
ピエール・ルメートル
文藝春秋
2016-10-07



死のドレスを花婿に (文春文庫)
ピエール ルメートル
文藝春秋
2015-04-10



天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ピエール ルメートル
早川書房
2015-10-16



座頭魄市orejiru at 13:29│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月13日

去年のリオオリンピック開催期間に、オリンピックに関連した本でも読もうと思いたって出会った本です。

ヒトラーのオリンピックに挑んだ若者たち: ボートに託した夢
ダニエル・ジェイムズ・ブラウン
早川書房
2014-09-25


ボートの知識はゼロですが、十分に面白かった!

30年代アメリカの生活がいかに厳しいものだったのか、また、ヒトラーがオリンピックをプロバガンダに利用していたドイツ政権がいかに厳しいものだったのかがよくわかる本でした。
貧しい暮らしの中で、必死に生きる若者たちが、ボートに夢を乗せて進んでいく姿がとても美しく描かれていて、知識が全くなくてもボート競技の素晴らしさを味わえます。

原題は「THE BOYS IN THE BOAT」。
かっこいいなぁ。

分厚い本なので多少時間がかかりますが、重厚なノンフィクションを欲している人には是非お勧めしたい作品です。

座頭魄市orejiru at 14:32│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月08日

試験勉強にも役立ちそうな地図の紹介。

日に日に複雑化していく世界情勢を地図に落としこんで視覚化。直感的に世界情勢を把握するのに最適な地図です。

増補改訂版 最新 世界情勢地図
パスカル・ボニファス
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2016-09-30


4部構成。

第1部 
過去における大きな転換点
C1m_1lUUoAAsNYd

地球で栄えた最初の人類が、どのように移動していったのかを視覚化した地図。

第2部 
グローバル化した世界についてのさまざまな解釈
C1nABXgUQAIDQhU

アメリカを中心とした一極世界を視覚化した地図。

第3部 
世界のさまざまなデータ
C1nAHW6UQAAzs8q

1990年-2005年の森林面積の推移を視覚化した地図。

第4部 
それぞれから見た世界
C1nAP7-UQAAQiQR

日本から見た世界情勢地図(フランス人目線)。

変化が激しい世界情勢は、年々加速しているので、本書の寿命もそう長くはないと思いますが、現在の情勢をざっくり頭に入れるにはうってつけの本。

座頭魄市orejiru at 10:23│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年01月07日

地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか
アン・ルーニー
日経ナショナルジオグラフィック社
2016-07-15


先日の記事で紹介した「地図のたのしみ」http://takushi.blog.jp/archives/52075041.htmlに絡めてもう一冊おすすめ本。

「地図のたのしみ」は脳がよろこび、「地図の物語」は目がよろこぶ。

古くは25000年前にマンモスの牙に刻まれた地図から始まり、NASAによって撮られた最新の衛星写真まで、140点以上の図版を網羅している。どの図版もとびきりうつくしい。
構成は全5章。各章の中から1枚ずつピックアップ。

第1章 われらが大地
初期の地図は居住者たちによって作られた
C1iuZkfUoAACuPr

25000年前にマンモスの牙に刻まれた模様。これが地図かどうかは専門家の中でも意見が分かれるようだが、仮に地図であるならば最古の地図となる。地図のはじまりは「わたしは今どこにいるのか」

第2章 山海を越えて
旅や移動を収録した地図の数々
C1iuqWIUkAAdvUY

1497年に描かれた聖地巡礼図。ベネチアからキルケラ島、メトニ港、ロードス島と航海して、パレスチナへ向かった旅の記録となる。写真では見づらいが右端に見えるのが聖地の終着点エルサレムが描かれている。

第3章 探検と領土拡大
「探検」がもたらした地図のさらなる拡大
C1iurLoVQAARMqN

個人的にロマン溢れるこの地図はとくにお気に入り。1595年のもの。北極圏がはじめて描かれた地図で、中央に黒い巨大な岩がある。当時は北極に向かって4本の川が流れ込んでいて、渦を巻きながら地球の奥底へ吸い込まれていると考えられていたらしい。最高や!

第4章 世界観の変客
世紀を跨いだ遠方への旅が地図を完成に導いた
C1iu19QUsAEp--O

1450年の地図。西洋で初めて「日本(当時の表記はcimpagu)」が描かれた。白人に居場所がバレて600年経った。

第5章 主題図の登場
題材・使用目的を絞った現代の地図
C1iu7m5VIAMejet

1815年の地層地図。聖書では地球誕生が6000年前との記述だったが、19世紀にはじめて地層の調査がされ、どうやらこの地球にはもっと壮大な物語があることに気づき始めた人類。胸熱!


リビングに無造作に置いておき、子どもの目にとまるように仕向けるのもいい。これは冒険の書なのだ。宝箱のありかが描いてある地図を見るような目で、この世界を眺めてほしい。

座頭魄市orejiru at 14:33│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索