雑記

2016年03月21日

近所を散歩中に樹皮を入手できたので、多肉植物の鉢にしてみました。スキマに土を詰めこんでピンセットでちまちま作業。えらく気に入ったので、次回は自分の背丈くらいある樹皮が欲しくなったのですが、見つかるかな。適度に厚みがあって、土を詰められるだけの凹凸がある樹皮。気長に探すしかなさそうです。


jpg-large


座頭魄市orejiru at 15:11│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月29日

ひとまずの区切りとして、3ヶ月ダイエット終了。
その戦況結果。

〈スタート時〉
身長174.1cm、体重71.4kg、BMI値23.6、体脂肪20%
〈1ヶ月経過〉
身長174.1cm、体重68.4kg、BMI値22.6。体脂肪率16%
〈2ヶ月経過〉
身長174.1cm、体重65.0kg、BMI値21.4。体脂肪率13%
〈3ヶ月経過〉
身長174.1cm、体重64.2kg、BMI値21.1。体脂肪率13%

2ヶ月目まで順調に進んでいたものの、突然体重が全く落ちなくなってしまった。同じメニュー(むしろ筋トレメニューが追加された)にも拘らず。

体脂肪12〜13%あたりに壁があるという話をどこかで読んだ記憶があったので、当初はこれが壁なんだろうと深く考えずにメニューをこなしていたが、2週間過ぎたあたりで心配になり、ネットで検索してみることに。

どうやらこれを「停滞期」と呼ぶらしい。

ニンゲンの体はよく出来たもので、約1ヶ月間のあいだに全体重の5%を失うと、体がそれを飢餓状態と判断して飢餓に備えるようにプログラムされているそうだ。

つまり脂肪を不用意に燃やさないよう肉体が作りかえられてしまう。食べたものをしっかり貯えることが可能になる。

スタート時に71.4kgあった体重が1ヶ月後に68.4kg。
4.2%減。
その後68.4kgあった体重が1ヶ月後に65.0kg。
4.97%減。

測定期間をずらせば、おそらくは5%減の瞬間があったのだと思う。どうやら飢餓プログラムのスイッチをONにしてしまったようだ。

ダイエットの失敗で多いのが、この「停滞期」にかかるストレスに耐えきれずにやけ食いをしたり、運動を中止してしまう場合なのだとか。なるほどたしかにストレスがスゴい。だってこれまでと変わらない日々のなかで、体重が落ちるどころか一時は体脂肪14%に戻るという悪夢が足元の計測器に映し出されるのだから。夢のなかでは家系ラーメンのり増したまごトッピングをおかわりしてしまう始末。

夢精か。

しかしカラクリが分かればなんとかやっていけるもので、歯をくいしばってメニューをこなした結果、ダイエット開始12週目(停滞期4週目)の後半から体重が落ち始め、一時は63kg台に突入した。飢餓状態の誤認識がようやっと解除となったのだ。

しかし無知とは恐ろしいもので、当初の計画では3ヶ月の目標体脂肪率20%から10%減などと、よくもまぁ厚顔無恥な考えができたものだ。実際やってみると今回の「停滞期」のように、ニンゲンには計算でははじき出されることのない特殊な機能が備わっていて、それは度々僕らを驚かせてくれるのだ。

ダイエットが思うようにいかない人は「停滞期」が原因かもしれない。体験してみないとこの時期のストレスのつらさはわからないものだ。体験できただけでも御の字というか、ひとつ賢くなれた。


3ヶ月の区切りが終了したが、今後も目標をかかげて続けていくつもりだ。

体脂肪率6%の武田真治が実践しているメニューにならい、今後は有酸素運動を週2日に減らし、筋トレを各部位ごとにわけて週6日おこない、理想の体を目指していこうと思う。




体脂肪6%のじぶんの肉体を鏡にうつしながら、その鍛え上げられた筋肉をおかずにオナニーをする。

見えたぞ、おれの終着駅。

座頭魄市orejiru at 15:45│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月23日

AERA (アエラ) 2014年 8/11号 [雑誌]
朝日新聞社
朝日新聞出版
2014-08-04


先月のAERA8/11号での丸ごとジブリ特集(http://takushi.blog.jp/archives/51996040.html)を読んで、宮崎駿監督の引退後初仕事でもある「クルミわり人形とネズミの王さま展」が今年5月から来年5月までの期間に開催されているのを知り、早速美術館に遊びに行ってきました。自身2度目、3年振り。

いい展示でした。

仕事が2Dから3Dに変わっても、しっかり宮崎駿監督らしさが感じられる展示で、僕もすっかり童心にかえって、おもちゃ箱の中で過ごしているような時間を過ごせました。6歳になる息子の成長も著しく、理解度もかなり深まっているようで、館内の展示ひとつひとつを丁寧に楽しんでおりました。

ディズニーが2Dから3Dになったように、ジブリも本格的な3D化目指して舵とってほしいなあ。ジブリ美術館見ていると、このクオリティのままランド化できれば、ディズニーランド級の王国も夢じゃないんですよね。

でも難しいんでしょうねえ。
せめて美術館の拡大は市をあげて頑張ってほしい。

今回の「クルミわり人形とネズミの王さま展」を記念して、館内の図書閲覧室にてホフマン作「クルミわりとネズミの王さま」を購入すると、宮崎駿作画のカバーがもらえます。




ByOGrmRCIAAkTYG


ステキな絵!
ByOGs80CQAEWZ4l


絵はもちろんですが、このカバー、紙もオリジナルのより豪華。
岩波少年文庫は一般的なコート紙と言われる安価な紙ですけど、限定カバーは「きらびき」という用紙を使ってると思います。特殊用紙で、コート紙と比べても何倍も高い紙です。
写真では伝わらないですね。光に反応してキラキラと「きらびく」用紙なのでうまく撮れないです。

こだわりのいいカバーなのは間違いないです。

表紙表
ByOG_FhCAAAodNi

表紙裏
ByOHAcTCYAEOQRf


「クルミわりとネズミの王さま」未読でしたら、美術館に行く前に、本を読んで世界観を把握しておく、もいいけど、せっかく未読なんでしたら未読のまま展示を楽しんで、のちに館内でも買えますから、そこで限定カバーと一緒に入手するのもありだと思いますよ!

座頭魄市orejiru at 23:22│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月30日

はじめに
2ヶ月間(後述するが正確には57日間)休まず走り続けてみての雑感。

「リア充」層よりさらにひとつ上に、層がある事に気がついてしまった。

牛乳を温めたときに現れるあの上澄みのような、ごく僅かな層。

「マッスル充」である。

「リア充」とは、実際の現実の生活(リアル生活)が充実している人間のこと。

恋人や友人付き合いに恵まれ、サークル活動や飲み会、またそれらの活動をSNSで報告と忙しい。[いいね!]

羨ましいばかりだが、走り続けているうちに見え方が変わってきた。「リア充」は可哀想なのだ。

「リア充」は自分の周辺によって充実を得ている。外的要因によってもたらされる充実感は一見華やかに見えるがその実、非常に儚い。出会っては別れを繰り返し、季節が巡るように立ち回る。

波に任せて泳ぎ上手な、雑魚である。

一方「マッスル充」は内的要因によって充実を得る。
恋人は腹斜筋であり友人は大胸筋である。

サークル活動よりハムストリングスの活動こそが至高、といった思想。

外的要因に左右されることのない、単独完結型充実感は「マッスル充」だけが味わえる。



というわけで、先月(http://takushi.blog.jp/archives/51995309.html)から考えても、だいぶ暑苦しい人間になりつつあるが、詳細へ。



31日目〜40日目
30日も同じコースを走っているとさすがに飽きてくる。そこで別ルートのコースを設定。Google調べでは6km。膝の痛みはかなり軽減されてきたので毎日6kmに昇格。

食生活のルーティンにも変化をつける。
毎週【月曜】【木曜】の2回、完全ベジタリアンにシフト。朝食は毎日野菜たっぷりスムージー。

ミキサーはこちらを使用。これがスゴい。



500ワットのパワーで氷も滑らかにしてくれる。amazonレビュー見てもわかるとおり30年以上使ってる愛用者の多いアメリカ産ミキサー。国内メーカーのミキサーではこんな馬力はない。ミキサー界の王様ヴァイタミックスも悩んだが、さすがに8万円以上するミキサー買う勇気はなかった。でも結果的にオスターで十分。滑らかでおいしいスムージーが作れる。

便も健康的な代物を産めるようになった。箸で持っても崩れない。投げつけることができるタイプ。



41日目〜50日目
自重トレーニングを追加。参考書はこちら。



【月曜日】【木曜日】にブッシュアップ、クランチ
【火曜日】【金曜日】にラットプルダウン、スクワット

本格的な夏。
ビールが恋しいが、その考えこそが前時代的思考。
思いを断ち切るためペリエ(炭酸水)を数ダース発注。
部屋に高く積み上げて仰ぎながら「これがビールだ、これがビールなのだ」念じるのではなく、発声。

THIS IS アウトプット。
キーボードを叩くのがアウトプットじゃない。
発声だよ。必要なのは胸骨甲状筋。

諸君。お気づきの通り「酔う」のにアルコールは必要ない。この文章は「ペリエ」を呑みながら書いている。外的要因による「酔い」より内的要因によって「酔い」しれよ。

「BBQ」に「ビール」が夏の定番という前時代的発想を捨て、「セロリ」を「ペリエ」で流し込む。大胸筋を叩いたら、「文明開化」の音がした。



51日目〜57日目
これまでずっと、自分の足の異臭があまりに酷くて、何度もくじけそうになった。

だが気がつくと足の臭いが全くしない体になっていた。

初めは信じられなかった。脳みそが筋肉に変わりつつある自覚があっただけに、とうとう鼻までやられたかと。

試しに1日中革靴で営業かけて歩き回った平日、帰宅してすぐ嫁の鼻に足をめりこませて嗅がせてやった。

嫁は目をまるくして驚いた。臭くない、と。
足の臭いの原因のひとつに、運動不足というのは有名な話だったようだ。



ロードバイクに興味をもつ。
ジョギングより効率的にエネルギーを消費できるという魅力と、都内早朝スタートで箱根温泉入って帰ってくることも可能にする守備範囲の広さが魅力。

ロードバイクはお高いのですぐに始められないけれども、絶対はじめよう。



58日目〜60日目
58日目のジョギング100Mほど走ってすぐに異変。呼吸がいつもと比べるとしづらい。急遽引き返して休むことに。風邪かもしれないなあ、と特に症状があるわけでもないが。うまく言えないんだけど、違和感だけがある。
59日目の朝にくしゃみ。やっぱり。2回くしゃみが出ておしまい。
60日目。念のため休養。
3日間の休養のおかげで、初期段階でウイルスを殺せたようだ。ジョギングすごい。

1日6kmにあげたおかげで150kmは達成。



2ヶ月300km完走後の数値

身長174.1cm、体重65.0kg、BMI値21.4。体脂肪率13%



たった2ヶ月前までは、体鍛えてる人を割と冷ややかな目で見ていた。正直、バカなんだろうなって。

でも、こうして走ってみると、300kmも離れたところに以前の自分が立っていて、こっちに向かって後ろ指さしてるんだけど、こっちは300km先を走ってるんだよね。

バカがどうかは知らない。
300km先を走っているのは事実。

今までバカっぽいなあ、なんて見ていた彼らは、遥か先を走ってしまっている。
追いつかないと。

3ヶ月で体脂肪10%
なんて目標は破棄することにした。

体脂肪6%までいこう。

という事で、月1更新筋肉日記は体脂肪6%が終着駅でございます。

座頭魄市orejiru at 00:28│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月23日

blues

公式サイトhttp://talkingblues.jp

88年ー03年の16年間開催された伝説の「トーキングブルース」。業界人からも熱い支持を受け、チケットは入手困難のプラチナチケットとなった有名な舞台です。
(僕はダウンタウンの松本人志がトーキングブルースを話題にした事で知りました)

04年から「報道ステーション」で報道キャスターになった事を機に、「必ずいつか復活します」と言葉を残して休演となりました。

あれから10年。

ついに1夜限りではありますが、、、復活キター!

「実は私、おしゃべりだったんです。一晩だけ、時間を気にせず、放送コードを守らず、しゃべります。イメージを壊して、自分を断罪したい。お客さんには悪いけど、2時間以上付き合ってほしい」


今年に入って「AERA」ではインタビュアーに吉田豪を「指名」し、心情を語っていました。喋りたいことを喋ることが出来ない立場で10年、相当なもんがたまってるようです。

恐らくは報道の裏側を、書き起こし出来ない内容を、しゃべりたおす舞台となるでしょう。

いよいよ8/30(土)10:00〜一般発売開始です。
http://ticket.pia.jp/pia/event.do?eventCd=1429400


僕はどうしても行きたくて、このブログの影響力はほぼゼロとはいえ、万が一にも、一人でも競争相手が増えてほしくないばっかりに、先行予約開始の時点では「トーキングブルース」について触れないようにしておきました。twitterでももちろん触れませんでした。

今日22日18時に抽選結果が発表となり

25

当選!!

これで安心して記事に出来るのです。

座頭魄市orejiru at 00:07│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索