2017年01月29日

C3TcROPUoAAUbzk


はじめて読んだピエール・ルメートルは
「その女アレックス」
2014年に読んだBest10のうちの1冊に選んだ。
http://takushi.blog.jp/archives/52013331.html
「その女アレックス」はヴェルーヴェン警部シリーズの2作目にあたり、「悲しみのイレーヌ」の続編ではあるのだが、前作を読まずとも支障はない。単体作品としても十分に楽しめる。実際のところ、先に翻訳されたのは「その女アレックス」(2014年)が先で、アレックスが国内のミステリー賞を総なめに出来たからこそ「悲しみのイレーヌ」(2015年)が刊行された。

しかし、支障はないというのは嘘になる。
支障はある。
あった。

結局「悲しみのイレーヌ」を読むはめになり、その後さらに「その女アレックス」を再読することになったのだから。

そして、支障とは「再読」のことではなく、ピエール・ルメートル仕掛けの中毒患者となってしまうことだ。

当然、読者はピエール・ルメートルが提供する情報だけを頼りに、物語の全体像を編みあげてゆく。ピエール・ルメートルは、時には無慈悲に、時にはサービス旺盛に、情報提供の量を完璧に制御しながら読者を導いてゆく。悲劇的な結末を予感しながら。そして、悲劇の瞬間を待ちわびている心に震えながら。


最初の写真は2017年1月現在翻訳済みのピエール・ルメートル全5タイトル。2016年10月に「傷だらけのカミーユ」が刊行され、ヴェルーヴェン警部シリーズ3部作は完結となった。しかし、他にもヴェルーヴェン警部の中編2作が未翻訳となっている。すでに翻訳作業に入っているのか、既刊の売れ行きを見つつ検討中かは分からないが、次のピエール・ルメートルを読む日が待ち遠しい。

未読の方は「悲しみのイレーヌ」から是非。
総員、衝撃に備えよ。




その女アレックス (文春文庫)
ピエール ルメートル
文藝春秋
2014-09-02



傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
ピエール・ルメートル
文藝春秋
2016-10-07



死のドレスを花婿に (文春文庫)
ピエール ルメートル
文藝春秋
2015-04-10



天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ピエール ルメートル
早川書房
2015-10-16



座頭魄市orejiru at 13:29│コメント(0)トラックバック(0) │ このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
記事検索