2016年05月24日




以前読んだ「1964年のジャイアント馬場 」がおもしろかったので、「1985年のクラッシュ・ギャルズ」も読んでみた。

「1964年のジャイアント馬場 」の感想記事 
http://takushi.blog.jp/archives/52021561.html

井田真木子の「プロレス少女伝説」(http://takushi.blog.jp/archives/52025986.html)を以前読んだのですが、クラッシュギャルズも読んだおかげで当時のプロレスがより分かってきました。こりゃあハマっちゃう人が続出するのも当然ですよね。プロレスの面白さが分かってきたところで、現在「1976年のアントニオ猪木」を読んでいるところです。

同時にこの本も購入。


とりあえずこの本読んだらプロレス本には一区切りつけようかな。


座頭魄市orejiru at 12:30│コメント(3)トラックバック(0) │ このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 庶民   2016年12月10日 18:15
いつも楽しく、読書本等参考にさせて頂いてました。

これからも少しでも更新されることを期待しております。
2. Posted by サトウタクシ   2016年12月24日 22:53
嬉しいコメントありがとうございます!

またblog再開しますね。
3. Posted by 庶民   2016年12月27日 22:47
楽しみにしています‼︎

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
記事検索