2016年04月19日

セラピスト
最相 葉月
新潮社
2014-01-31



若気の至りというか、10代から20代はじめの頃の僕はドロップアウト状態だった。その頃はへんな友人も多かったので、いろんな話が飛びこんできてたのだが、そのうちの一つが「精神科で気持ちが沈んで何も手につかないと言えば、いいお薬がもらえるよ」というもの。いたって心は健康ではあったが、そいつが言うには合法的に多幸感を味わえるのだと。結局お薬をもらい、錠剤を砕いて粉末状にし、鼻から吸い込むという行為に至るまで、一気に転がり落ちた。

15.6年も前の話なので、現在の精神薬の状況はわからないが、とにかく精神薬はけっこう(僕の体には)効く印象がある。粘膜から直接摂取すればそりゃ誰だって効くだろうって話でもあるが。


この本を読む前と読んだ後で、僕のなかで変わったのは、もしもこの先、心が病んでしまった自覚が生まれたら、まずは精神科医を訪ねる前にセラピストを訪ねてみようという考えに変わった。

「精神科医よりセラピストのほうが優れている」という意味ではない。薬の投与が必要な状態かどうかも含め、まずはじめに相談したいのはセラピストかな、という個人的な考えとして。

ただ、信頼できるセラピストに出会うまで5年かかると言われているように、セラピストとの相性が非常に重要なため、心が健康な今のうちに調べられることは調べておこうとも思った。自分の住む周辺にいるセラピストをリストアップし、どのような療法に取り組んでいるのかくらいは把握しておきたい。


座頭魄市orejiru at 11:41│コメント(0)トラックバック(0) │ このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
記事検索