2015年12月18日

ストーナー
ジョン・ウィリアムズ
作品社
2014-09-28


2015年に読んだ本の中でもっとも心に響いた小説。

特に男性に勧めたい本だが、あらすじを語っても多くの人は「何それ!読みたい!」なんて思わないだろう。平凡な男性の、平凡な人生が淡々と語られるだけで、特筆すべき事件が起こるわけでもなく、感動的な名場面が用意されているわけでもない。粛々と、不器用な男の小さな悲しみが積もり続けていく。しかし誰もがそうであるように、深い悲しみは人を強くする。悲しみこそが、と言ってもいい。それから、不条理の中にも小さな幸福を見出し、自らの人生を、生きることを肯定していく。悲しみの降り積もる中に、僅かな幸福も堆積し、層状をなして累積したそれはまるで地層のように美しく、大きな感動を与えてくれる。何者か目指し、しかし何者にもなれぬ人生を、それでもなお美しいのだと理解するだろう。


本書が刊行されたのは1965年。当時はそれほど評価されることはなく、次第に忘れられた作品となった。それから約半世紀が経ち、欧州で再評価をされ一気に世界中に広まったのだそうだ。

日本では昨年設立された「日本翻訳大賞」にて、読者の支持が最も高かった本として「読者賞」に輝いた作品。

今のところkindle版はないようだが、電子版よりも紙で読むのを薦めたい。この本は装丁にも心に染みる配慮がされている。カバーを剥がし、裸になった赤い表紙の「ストーナー」が心に刺さる。是非読んで体感してほしい。

完璧に美しい小説。

座頭魄市orejiru at 12:42│コメント(0)トラックバック(0) │ このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
記事検索