2015年04月28日

凍
沢木 耕太郎
新潮社
2005-09-29


帯にはこう書いてある。

もはや、フィクション、
ノンフィクションの区別に意味はない。
ここに、圧倒的物語が存在する。
それがすべてだ。

僕は山をやっていないので知らなかったが、知り合いの山をやっている数人にクライマー山野井泰史・妙子夫妻について尋ねてみると、口を揃えて「知らない人はいないよ」と言って、愚問を投げかけた僕をいなすように笑った。

それは、フィクション・ノンフィクション、というカテゴリで語られる物語ではなかった。もはや山野井夫妻の物語は、山をやる者たちの伝説なのだ。

山野井泰史が挑んだ山(壁と呼ぶべきか)がNAVERまとめにあるので一度ご覧あれ。これまでどんな山に登ってきたのか、彼の選択の異様さにすぐ気が付くはず。

山野井泰史氏が挑んだ山、大岩壁まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2136559108981901601?&page=1

沢木耕太郎「凍」は、山野井夫妻がヒマラヤの高峰ギャチュンカンに挑んだ時の物語だ。難易度の高いギャチュンカン北壁の登攀に成功するも、下山中に遭難、そして奇跡の生還までの物語。

下山中に雪崩が直撃してしまい、妙子夫人は崖から50Mも滑落し宙吊り状態に。泰史も雪崩を受け視力を奪われてしまう。零下30度の世界で身動きが取れなくなってしまう二人。極限状態で泰史が取った行動に震える。

手袋をはめたままでは、氷壁の隙間にロープを固定するためのくさびを打つことが出来ないと判断した泰史は、手袋を捨て素手で隙間を探していく。

そして隙間を見つけると、失ってもいい指を選び、指の上からくさびを打つ。重度の凍傷で感覚などとっくにない。その指を引き換えに固定されたくさびを得る。一本、また一本と。

両手10本、両足10本。夫婦併せて40本。

山野井夫妻の失った指の数は28本だ。

それほどの思いをして山野井夫妻は何を失い、何を得たのか。




命令形で言おう。

読め。

震えながら、かじかんだその指で。
凍えながら、ページをめくれ。


座頭魄市orejiru at 20:01│コメント(0)トラックバック(0) │ このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
最新記事
記事検索