2016年05月

2016年05月24日




以前読んだ「1964年のジャイアント馬場 」がおもしろかったので、「1985年のクラッシュ・ギャルズ」も読んでみた。

「1964年のジャイアント馬場 」の感想記事 
http://takushi.blog.jp/archives/52021561.html

井田真木子の「プロレス少女伝説」(http://takushi.blog.jp/archives/52025986.html)を以前読んだのですが、クラッシュギャルズも読んだおかげで当時のプロレスがより分かってきました。こりゃあハマっちゃう人が続出するのも当然ですよね。プロレスの面白さが分かってきたところで、現在「1976年のアントニオ猪木」を読んでいるところです。

同時にこの本も購入。


とりあえずこの本読んだらプロレス本には一区切りつけようかな。


座頭魄市orejiru at 12:30│コメント(3)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月23日

news_header_iamahero_201610329_01

【あらすじ】
漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。

【感想】
原作の漫画は既読。
映画化が決まったときは、正直なところ無謀だなと感じたし、観ることはないかなぁと思ってたんだけれど、あまりに評判がいいので鑑賞してみることに。

あまりの出来の良さに感動しました。

ここまで素晴らしいゾンビ映画を国産で作ったってのは感動モノです。シチュエーションでしっかり怖がらせるのに加え、ゾンビの造形がとてつもなく気持ち悪い。僕の場合は、大抵ゾンビ物ってのはシチュエーションに怖がってるだけでゾンビそのものにはあまり恐怖を感じません。これまで観てきた数々のゾンビ映画でただ一作品だけ、造形に怯えたのはイタリア産のゾンビ映画「ゾンビ3」だけでした。つまり「ゾンビ3級」の恐ろしい造形とも言えるわけで、個人的にそれは最大級の賞賛です。ホント、ゾンビ3級にマジキモい。おまけにテンポもいいわ、有村架純も長澤まさみも可愛いわ、こんだけキモカワいい映画でさらに笑わせるところはしっかり笑わせてくれるっていうね、もう褒めるところしかない。観る前は原作読んでるだけに、大泉洋はないわー、なんて、がっくしきてたんですけど、終わってみれば大泉洋じゃなきゃこの映画はここまで良くならなかったと。

一時期は日本映画はもう衰退しちゃった感があったのですが、近年の日本映画はめちゃくちゃいい作品がポンポン出てきてますね。

劇場で極上なゾンビ物を味わうなんて機会はそうそうあるもんじゃないので、行ける人はレンタル待ってないで是非劇場で鑑賞するのをオススメします。


座頭魄市orejiru at 21:51│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索