2016年03月

2016年03月24日

最貧困女子
鈴木大介
幻冬舎
2014-11-07



読みながら思い出したのは、
15.6年前のことでした。
あの頃、僕も貧困状態でした。

まだ20歳になったばかりだというのに、消費者金融の数社から融資を受けつづけ、ついに合計額は100万円にまで膨れ上がっていました。アルバイトもちょうど辞めてしまっていて、収入がない状態。電気もガスも止められ、水道が止められるのも時間の問題でした(水道は命に関わるのでなかなか止められない)。

当時は調布に住んでいたのですが、周囲には畑がけっこうあるんです。そこでよく農家を訪ねて野菜を恵んでもらっていました。農家のかたは本当にやさしい人ばかりで、貧困状態の僕を不憫に思い、時には涙をうかばせ、野菜をくださる方ばかりでした。怪訝な顔をみせる人はひとりもいませんでした。

電気もない、ガスもない、薄暗い部屋で、生野菜(主にきゅうり)をむさぼっていました。農家のかたの優しさに味をしめた僕は次第に、よみうりランド付近の農家のところまで足をのばすようになり、スイーツ感覚で果物まで恵んでもらうようになっていました。ほんと、傲慢な乞食だと自分でも思う。

程なくして、体に異変が起きました。汚いはなしになってしまいますが、トイレで用をたした時のことです。便の色をみて青ざめたんです。用を足してふと便器に目をやると、そこにはみどり色の便がありました。真緑なんですよ。きゅうりそのまま出ちゃった、みたいな。

今であればインターネットでググれば、危険シグナルですよ、でも今すぐに入院が必要ってわけではないですよ、栄養ちゃんと取りましょうねって状態だとか調べられますが(でも病院はいきましょう)、当時はそんなすぐに情報得られませんでしたから、「やばい、これは死ぬんじゃないか」って本気で思ったわけです。

ちゃんとした思考をもっていれば、病院に駆け込むなり、友人を頼るなり、何かしらの手を打てるのでしょうけれども、そのときの僕はもう気が動転してしまっていまして、駆け込んだのは近くの中華料理屋でした。

半べそかきながら、中華屋のおじさんに「すみません、もう何日も食べていなくて、なんでもしますから、ご飯食べさせてください!」と頼み込んだのです。

出てきましたよ、チャーハン。

厳密に言うと野菜は毎日食べていたので、ウソついてるんですよ。ウソついてチャーハンもらってるんですよ。

そうか、お腹がすいた時は、すなおに「お腹がすいた」と言えばいいんだ。そのことに気がついた瞬間でした。図々しい性格な僕は、それからというもの、農家に通うことをやめ、飲食店に通うようになりました。

個人経営でもチェーン店でも、飲食店の9割以上が、お金がない人間にたいし、食べ物を提供してくれる。僕の場合は、2日に1回も食べさせてもらっていました。店は毎回変え(リピートした店もありました)そのとき食べたい店に入っていました。

お気に入りは焼肉店。焼肉店の場合は有名どころのチェーン店は断られる場合があるので、個人経営の店にいきます。チェーン展開していないお店で断られたことはありませんでした。特においしかった焼肉店に何回目かのリピをした時に「おまえ、いいからうちでバイトして生活立て直せよ」とおやじさんに言われ、2ヶ月ほど続いた0円生活が終わったのです。


だらだら書いてしまいましたが、要点は「まともにコミュニケーション取れれば最貧困状態にまで落ちる可能性は極めて低い」ということを言いたかった。

「最貧困女子」を読んでみると、最貧困にまで落ちてしまう人は、コミュニケーション能力に問題を抱えている人ばかりです。素直になれない、SOSの出し方がわからない、他人が怖い。どうして行政を頼らないんだって言ったって、行政の窓口には「他人」がいますからね。接し方がわからないんですよ。怖いんですよ。だから「他人」は避けたい。網の目からこぼれ落ちてしまう「最貧困女子」をカバーするには、申請から受け取りまで、全てを機械化してしまう他にない気がします。

非常に重いテーマの本です。面白くもなんともない。
ただ、可視化できない最底辺の実情を知れる良書です。

僕がいますぐに、彼女たちにしてあげられる事は思い浮かばないけれども、お腹がすいたら、すなおにお腹がすいた、助けてほしいと、他人を信じて頼ってほしいと願います。



座頭魄市orejiru at 20:28│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月21日

近所を散歩中に樹皮を入手できたので、多肉植物の鉢にしてみました。スキマに土を詰めこんでピンセットでちまちま作業。えらく気に入ったので、次回は自分の背丈くらいある樹皮が欲しくなったのですが、見つかるかな。適度に厚みがあって、土を詰められるだけの凹凸がある樹皮。気長に探すしかなさそうです。


jpg-large


座頭魄市orejiru at 15:11│コメント(0)トラックバック(0)雑記 | 写真 | このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月19日

エベレスト

【あらすじ】
ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠は古めかしいカメラを見つける。それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1924年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判断できるかもしれないカメラだった。カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二というアルピニストの存在にたどり着く。他人に配慮しない登山をするために孤高の人物となった彼の壮絶にして崇高な人生に触れるうちに、深町の胸にある思いが生まれる。

【感想】
昨年末に公開された「エベレスト3D」(感想はこちらhttp://takushi.blog.jp/archives/52047089.html)は、やや不満を感じたのだけども、日本版エヴェレスト鑑賞してみて思うのは、ああ、あの「エベレスト3D」の映像はやっぱり凄かったんだなと、むしろ「エベレスト3D」を照り映えさせるための一本になってしまったと思う。エベレスト3Dは標高4800M付近での撮影、日本版は5200M付近での撮影らしいので、より極限の映像が見られるんじゃないかと淡い期待もあったんだけど、より高いところで撮ればいいなんて単純な話じゃない。残念だけど「エベレスト3D」の方がはるかに標高が高いところで撮影していたように皆さん感じるだろうね。

それと、僕は原作小説がかなり好きなので、余計に不満を感じてしまったところはある。そもそも2時間におさめようなんて初めから考えずに、前編後編に分けても良かったんじゃないだろうか。最近流行りのようだし。折角エベレストで撮ってるんだからさ。「岸よぉ...岸よぉ...」のセリフすらもないなんてあんまりじゃないか。

ただ、ひとつ素晴らしかったのは岡田准一と阿部寛の演技。特に岡田准一の演技はめちゃくちゃ良かった。岡田准一だけ8000M付近で自撮りしてんじゃないかってくらい目がいっちゃってた(褒めてる)。

役者が良かっただけに、ほんとう、もったいない映画化でした。プロデューサーも監督も、なんで2時間におさめようって思ったのか。ちゃんと説明、謝罪会見してほしい。

座頭魄市orejiru at 20:54│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月16日

気がつけば年齢も30代後半に突入し、成長の「のびしろ」もおそらくあとわずかだなんて「諦め」を感じる一方では、ジョギングを始めて、さらにはタバコを辞めたことで、身体面では明らかにパフォーマンスが向上している感覚があり、健康的な肉体に宿りだした健康的な上昇志向とが入り交じった状態にある。

晴れたり曇ったりの空模様のような「こころ」の移ろいを、天気予報のように当てられるのだったらまあ随分と楽なんだろうけれど、明日の気分はおろか、5分先の「気分」すらわからない。

「肉体」は鍛えれば鍛えただけ向上していくのに、「こころ」はどうして筋トレにあたるものがないんだろう。

こころを「鍛える」ことは出来なくても、しくみを知ることで、「備える」ことは出来るのかもしれない。必要なのは折りたたみ傘ってとこやね。「知る」=「腕立て伏せ」や。

そんな意気込みで手に取ったんだっけかな、たしか。






まあ、全然そういう本じゃなかった。

どうやら「無意識」が人生に大きな影響を与えているらしいと、最新の科学で明らかになりはじめてる。では人間の「意思決定」とは、一体どのような仕組みでおこなわれているのかを、ハロルドとエリカという男女の生涯をたどりながら、解明しようというのが本書の狙い。

男女のドラマ仕立てに進めることで、かなり読みやすくなってる。読みやすいが、非常に難解な問題に挑んでいる。

脳科学、神経学、言語学、発達心理学、文化人類学、行動経済学といった認知科学を網羅しつつ、さらに宗教、思想、主義にまで広がりをみせる。

恋愛、結婚、セックス、出産、親子関係、学習、幼児の成長。これまでのじぶんの人生を振り返りながら、あの時、こころの中では、どんな意思決定がされていたんだろうと、思い返しながら読むといい。そして、いつかは迎えなければならない「死」の時までを、どのように歩んでいこうかを、考えながら読むといい。


邦題の「あなたの人生の科学」は正直なところあまり気に入っていない。原著のタイトルは「The Social Animal(ソーシャル・アニマル)」なんだけど、原題ママのほうが良かった。ソーシャル・アニマル。

読後感はとても不思議なものだ。「ほんとうの自分」なんてものは、どこにもないことに気づく。あなたはだれ?僕はこの土地です。文化です。あなたはだれ?僕は友だちや家族、関わりのある人々の考え方、その集合体です。

わからないことは増えたけど、次のステージに進める気がする。そんな一冊でした。

座頭魄市orejiru at 19:47│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年03月06日

c19b1bacfb9591b26df4edae3da3e078-640x360

【あらすじ】
2005年のアメリカ。金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、サブプライムローンの危機を指摘するもウォール街では一笑を買ってしまい、「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引で出し抜いてやろうと考える。同じころ、銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)がマイケルの戦略を知り、ヘッジファンドマネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、伝説の銀行家ベン(ブラッド・ピット)らを巻き込み……。
【感想】
リーマンショックとはなんだったのかを簡単にでもいいので復習してから観た方がより楽しめる映画。住宅バブルの異常さにいち早く気付き、経済が破綻し、多くの国民が失業・破産して路頭に迷うことになる方へと逆張りをするという、勝っても負けても心が蝕むマネーゲーム。投資の世界に興味があるなら是非見ておくべき映画。

劇中の挿入歌で「一番大事なものが〜♪一番遠くへ行くよ〜♪」と徳永英明の「最後の言い訳」が使われていて、おっ!て不意をつかれた。英語圏の人には調べないと分からないメッセージ。

劇中ではちょいちょい役者がカメラ目線になって、観客に語りかけてくる。2014年公開の「ウルフ・オブ・ウォールストリート」と同じ金融の世界を描いている上に、同じ手法というのもあって、二番煎じ感が否めないのがマイナスポイント。

投資家マイケル・バリーは現在、「水」一本に絞って投資している、というのも興味深い。エネルギーよりも重要なビジネスになるって言われてますもんね。

座頭魄市orejiru at 11:31│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索