2016年01月

2016年01月17日

soc_main1

【あらすじ】
1986年、カリフォルニアのコンプトン。アメリカ屈指の犯罪多発地域として知られる同地に暮らす、アイス・キューブ(オシェア・ジャクソン・Jr)、ドクター・ドレー(コーリー・ホーキンズ)ら5人の若者はヒップホップグループN.W.A.を結成する。危険と隣り合わせで、先の見えない毎日を強いられている不満や怒りをビートとリリックに乗せて吐き出す彼らのサウンドは、瞬く間に絶大な人気と支持を集める。しかし、名声を得た彼らに社会からの偏見や仲間の裏切りといった苦難が降り掛かる。
【感想】
池袋のシネ・リーブルで鑑賞。
80年代、アメリカ屈指の危険地帯コンプトンから、言葉で体制に立ち向かった伝説のヒップホップグループ「N.W.A」の伝記映画。
僕はヒップホップが好きなので割り増して楽しめたのですが、あまりヒップホップに良いイメージを持っていない人でも楽しめる映画になってると思います。当時のアメリカ社会における黒人差別の実情が描かれているので、彼らの攻撃的な姿勢の裏にはどんな想いがあるのか、そもそもどんな背景があっての歌詞なのかが理解できるので面白いですよ。

ただ、製作にドクター・ドレーとアイス・キューブが関わってるだけあって、ところどころ美化されていて事実は映画の中よりもしょっぱい箇所があります。そりゃドクター・ドレーもアイス・キューブもかっこよく見せたいですから当然のことではあるのですが、そういった場面では若干冷めたのも事実。ヒップホップ好きで彼らのファンでしたら是非ドクター・ドレーとアイス・キューブがかっこつけてオーバーに演出した箇所を探してみてね。

座頭魄市orejiru at 19:25│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索