2015年02月

2015年02月22日

15b3c7c8d69943192211ec3c347e394c


【あらすじ】
大学のレスリングコーチを務めていたオリンピックメダリストのマーク(チャニング・テイタム)は、給料が払えないと告げられて学校を解雇される。失意に暮れる中、デュポン財閥の御曹司である大富豪ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、ソウルオリンピックに向けたレスリングチーム結成プロジェクトに勧誘される。同じくメダリストである兄デイヴ(マーク・ラファロ)と共にソウルオリンピックを目指して張り切るが、次第にデュポンの秘めた狂気を目にするようになる。

【感想】
この映画は実際の事件で、なぜデュポン社の御曹司がオリンピック金メダリストを殺したのか真相に迫る映画で、予告編を見た時からすごく楽しみにしていました。

最初から最後まですごく静かな映画で、劇場内で携帯のバイブ音が何度も聞こえてくるくらい静かな映画なので、これから見る人は携帯の電源は是非OFFにしてほしい映画でした。この映画に限った話ではないんですけどね。

そんなすごく静かな映画で、すごくシリアスな場面が続くんですが何度も吹き出しそうになってしまって大変でした。なんにも面白いとこじゃないのに。

以前「たまむすび」というラジオ番組で映画評論家の町山さんが「フォックスキャッチャー」を紹介したんですが、その時の町山さんの解説がこうですよ。

「夜中に『稽古をつけてくれ』って言うんですね。で、暗い中で2人でアマレスのスパーリングをするんですよ。2人で互いのバックを取り合いながら、『ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…』ってやってるんですよ。なんやねん、これは!っていう映画なんですけど。」

山里亮太が「え?そういう映画なんですか?男同士の恋っていうか…」と聞いてもはぐらかす町山さん。

「いや、知らないですよ僕は。まあ、バックを取り合ってましたよ。はっきり言って。汗まみれで。」

しかも引き合いに出した映画がルキノ・ビスコンティ監督の「ルートヴィヒ」で、この映画は同性愛者の話ですからね。

そういう映画じゃないってのは知ってたんだけど、その時の解説を思い出してしまって吹き出さないように堪えるのに必死でした。このシリアスなシーンをそんな茶化した解説の仕方してくれるなよと。

いたって真面目な映画です。真面目にアメリカの闇を描いていて、後味もめちゃくちゃ悪いんですけど心に刺さるものがあります。でも、感想とか出てこないんですよね。誰も幸せにならない映画で、もうちょっとどうにかならなかったのか、やるせない気持ちだけが強く残る映画で。町山さんのような解説する以外に救いがないのかもしれないな、とさえ思うほどに。

人にオススメしづらい作品なんだけど、個人的には2015年のベスト10本に入ってくるかもしれないなぁ。

座頭魄市orejiru at 20:09│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月21日

情熱の真っ赤な薔薇を胸に咲かせよう
       ——THE BLUE HEARTS「情熱の薔薇」


先月鑑賞した映画「ベイマックス」で、科学の素晴らしさを再確認した僕は、はっと思い出し、自室に積まれた未読の山から一冊を引き抜いた。

その一冊を読んで、ああ、やっぱり科学ってスゲーや!って素直に感動した。

「ベイマックス」が科学をあれだけかっこ良く描いていたのは、今まさにアメリカが科学を全面的に後押ししているからである。10年代アメリカの象徴として「ベイマックス」が誕生したのだ。


2009年、バラク・オバマ大統領がホワイトハウスから世界中に向けてメッセージを届けた。

「次の10年間で理科と数学の成績を世界の平均レベルからトップレベルへと引き上げる。アメリカ大学体育協会の選手権大会で優勝したら、ホワイトハウスへ招待される。ならば、若い人たちが画期的な実験を行ない、あるいは構想を練り、これまでにない機器、ソフトウェアを作り出したとしたら、その努力は世に認められて当然だろう。科学者と技術者は、人々の見本として、スポーツ選手や芸能人とともに肩を並べるべきではないだろうか。ホワイトハウスは先頭に立って科学技術の振興を後押ししていくつもりだ。若い人たちに科学がかっこいいものだとわかってもらいたい。

それから、ホワイトハウスで毎年、サイエンス・フェアを開催する旨を発表した。

高校生たちの、高校生たちによる、人類のための「科学オリンピック」だ。

夢の舞台、インテル国際学生科学フェアの出場権を巡り、世界中のNERD(おたく)な奴らが名誉をかけて研究を競うのだ。

高校生たちのかわいらしい自由研究だ、なんて思った方もいるかもしれないがとんでもない!

まったく、近頃の若いもんときたら。

とんでもなくイケてるのだ。


本書に登場する少年少女たちは「センス・オブ・ワンダー」【一定の対象(SF作品、自然等)に触れることで受ける、ある種の不思議な感動、または不思議な心理的感覚を表現する概念】によって種を得た。

その種を好奇心の中に埋めて、情熱を注ぎつづけた。






テイラー・ウィルスンは三歳の頃、建築現場の用具に興味を持った。クリスマスのプレゼントにはヘルメット、蛍光色のベスト、オレンジ色の円錐形の標識をねだった。おもちゃでは納得せず、本物を欲しがった。両親がそれらをプレゼントすると、ヘルメットをかぶりベストを着て外へ出た。家の前の通りに標識を置いて交通整備をはじめた。

七歳になると宇宙飛行士になりたいと思うようになった。1930年以降のNASAとロシアで作られたロケットをすべて並べたポスターを部屋の壁に貼り、すべてのロケットを暗記した。

十歳のとき、祖母から一冊の本をプレゼントされた。

「センス・オブ・ワンダー」の瞬間である。

その本のタイトルは「放射性ボーイスカウト(The Radio-active Boy Scout)」

1990年代初頭、10代の少年が原子炉を作ろうとした実話だった。核爆発で危うく隣近所を吹き飛ばしてしまうところを、環境保護庁の職員が放射線防護服に身を包んで立ち入り、原子炉を撤去した事件だ。その本には「【警告】絶対にまねをしてはいけません」とはっきり書かれていたが、テイラーにとってはその気になれば原子炉が作れるという衝撃だけが心に残った。それがテイラーにとっての種となる。

テイラーはロケットのポスターの横に元素の周期表を貼った。数日で原子番号、質量、融点を覚えた。中でも一番下に並んだ三十四の元素に興味をかきたてられた。ウラン、プルトニウム、ポロニウム、ラジウム、トリチウム——。テイラーは父に助けを求めた。「ねぇ、父さん、ガイガーカウンターが欲しいんだけど。」

父親は不安になり、危機管理事務所に働く友人に相談したが、友人はテイラーがほんとうの創造力の持ち主でないかぎり、危険な状況に陥ることはないだろうと言った。数日後、父親はテイラーにガイガーカウンターを買い与えた。

テイラーはガイガーカウンターを手に町中を歩き回り、放射線を発する品を次々に集めていった。それでもテイラーは満足できなかった。テイラーは実験がしたかった。これまでやったことのない大きな挑戦。核融合炉を作ること——。

十二歳になると、テイラーはインターネットを使ってあるメンバーにコンタクトを取り始めた。1990年代から原子力愛好家たちは、ガレージや地下室で核融合炉を作り始めていた。彼らはFusor.netというサイトを立ち上げ、部品や情報を交換し合っていた。テイラーはFusor.netのメンバーにメールを送り、助言を求めた。メンバーは十二歳の子どもが原子物理学を完璧に理解していることを知り、その類い稀な才能に驚嘆した。テイラーは最年少メンバーとしてFusor.netの一員となる。

この後テイラーは師と出会うことになる。その話は本書を読んでもらうとして、テイラーがサイエンス・フェアに何を持ち込んだのかはもうお分かりだろう。

核融合炉をテイラーは作り上げたのだ。

一歩でも間違えば最悪の悪夢になったかもしれない道を、テイラーは自分を信じて進んだ。何より、我が子が危険な領域へ向かっていく姿を、辛抱強く見守っていた両親を想像してみてほしい。恐怖に震え、眠れない夜が幾夜あっただろう。両親は決して放任主義というわけではなかった。何度も何度も、もう止めよう、もう止めようと思いながらも、必死に感情を抑えてテイラーを信じたのだ。

桁外れの研究で挑むテイラーは優勝候補の筆頭である。



周囲の大人たち、環境に恵まれた人ばかりではない。


高校二年生のウェルカー・ケリードラは地元の新聞記事が目についた。PFOA(ペルフルオロオクタン酸)、テフロンを生産するさいにデュポン社が使っているこの化学物質が工場周辺の地下水に漏れだし、地元の人たちの血液から検出されたという調査記事だった。動物実験によってPFOAが発がん性物質であることがわかっているという。ウェルカー家はデュポン社の工場のすぐ近くに暮らしている。

PFOAが漏れだしていることを認めたデュポン社はアメリカ環境保護庁から千二百万ドルの罰金を科せられた。デュポン社は、自主的にPOFAの排出を九十五パーセント減らせるカーボン・フィルターを開発し、それを設置すると発表した。

ケリードラは本当にデュポン社の言うとおり、PFOAを除去できるのか興味を持ち、検査をはじめた。

検査をはじめた最初の二、三ヶ月はたしかにカーボン・フィルターに効果があることがわかった。しかし、四ヶ月目に入り、採取した水のPFOAの濃度があがっているのに気づいた。カーボン・フィルターが飽和状態になっているのは間違いなく、少なくとも四ヶ月ごとにカーボン・フィルターを交換する必要があるのではないか。

ケリードラは背筋が寒くなった。これはまずい状況なのではないか。このときはじめてケリードラは、世の中では正しいか正しくないかだけが、ものごとの基準にしているのではないと知る。

デュポン社のあるパーカーズバーグの住人は、ほぼ全員がデュポン社で働いている。ウェルカー家も例外ではなかった。父は人生の半分をデュポン社へ捧げていたし、十一歳上の姉もデュポン社で働いている。ケリードラは“デュポンの子”なのだ。なにより、ケリードラ自身も将来はデュポン社で働くつもりだった。

ケリードラは父に自分の調査を報告した。「その研究はしてほしくない」が父から返ってきた言葉だった。「なにに向かっていこうとしているのか分かっているのか?硬球で試合するプロのチームと戦うようなものだぞ」デュポン社を批判することで、会社の営業を妨害しようとしているとして訴えられる可能性もある。ここに家があり、ここで暮らしているかぎりはデュポン社に反旗を翻すのは間違っているのだろう。

ケリードラは裏庭にある、誰も使っていないトレーラーハウスを実験室にすることにした。廃業となる病院が近くにあると聞きつけ、小遣いを前借りして高性能の顕微鏡や遠心機を二百五十ドルで手にいれ、改装する高校からは古くなったビーカーやフラスコをもらってきた。

ケリードラの噂はすぐに広まった。

デュポン社で働く姉のデスクには一日中ひっきりなしに社員がやってきて文句を繰り返された。姉は頭が良く、デュポン社で働く化学者だった。幼い頃からケリードラに知恵を貸していたが、デュポンが絡んでからは妹に背を向けた。

ケリードラ自身も、学校では生徒が次々にやってきて「この町をゴーストタウンにするつもり?」と冷たい目で見られた。

たった一人、ケリードラはトレーラーハウスに籠ってアイデアを羅列し、資料を読みあさった。やがて、カーボンと電気吸着(水から粒子を取り除く方法)を組み合わせる方法にたどり着いた。

父の古い車のワイパーを電極として使ってみることにした。表面積を増やすためステンレスのスチールウールをつけ、それをカーボンの薄い層ではさんだ。それをウォルマートで買ってきた六ボルトの電池につないでから、注射器のような容器にいれ、PFOAが溶けた水を注ぎ込む。一滴ずつ電極のあいだから水が滴り落ちていくのを根気よく待った。

濾過された水はPFOAを含んでいなかった。

実験は成功したが、ケリードラはまだ口をつぐんでいた。まだこの発見を伏せておかなければいけない。PFOAからこの町を救う方法を発見したなんて誰も信じてくれない。

ケリードラは心得ていた。方法はたったひとつ。

まずは特許をとる。

そして夢の舞台サイエンス・フェアで優勝するのだ。



ケリードラに味方はいなかった。しかし研究に没頭できる環境と、膨大な資料に恵まれていた。

最後に紹介する少年は、過酷な環境の中で「センス・オブ・ワンダー」に触れ、開花させた。

サイエンス・フェアに出場する高校生は、比較的裕福な家庭環境で育っているが、ギャレットは違っていた。アリゾナ州、ナヴァホ族保護特別保留地ピニョンに暮らす世帯は約千九百、一人あたりの平均年収は六千四十五ドル。生活必需品を買えるギリギリの指数線を下回る生活を送っている。

ギャレット家は六人家族で、小さなトレーラーハウスに窮屈に暮らしていた。個人の部屋など当然ない、どころかベッドまでも共有しなければいけない。しかしそれより深刻な問題は屋根、壁、床は穴だらけで、雨漏りやすきま風に悩まされていた。

氷点下以下にまでさがる冬はギャレット家には深刻だった。暖房器具は石炭ストーブひとつだけで、燃料の石炭は高価だったし、妹の喘息の発作を引き起こす原因にもなった。毎晩咳き込む妹を毛布でくるんで腕に抱き、魚のように口をパクパクさせている姿をただ見ていることしか出来なかった。

ギャレットが幼い頃に父親はトレーラーハウスに家族を残し、どこかへ行ってしまっていた。ギャレットが父親の代わりだった。母親の稼ぎも雀の涙ほどしかなく、常に食べていく心配ばかりだった。ギャレットは母の苦悩を知っていた。母が寝室で途方に暮れている姿を見たギャレットは母のそばに腰掛けて言った。

「約束だよ。なにもかもよくなるからね。そのうち、ぼくが母さんと家族みんなの面倒を見るんだ」

ギャレットは家を暖める方法を考えながら、来る日も来る日も雲一つない青空を見上げて気がついた。ナヴァホ族は何世紀にもわたって豊穣を願い、太陽を崇めてきた。自分なりの方法で、太陽の恩恵に預かることが出来るかもしれない。

ギャレットは車の中が暖かいことに着目した。調べてみるとラジエーターがその役割を果たしているとわかった。そこでギャレットはエンジン以外のものが発する熱を利用するのにラジエーターを使えるのではないかと考えた。例えば、太陽。

ピニョンでは、故障して放置された車が至る所にある。住人のほとんどはレッカー車を呼ぶ金がなく、荒野に置き去りにするのだ。ギャレットは捨てられた車を歩き回って、使えそうなラジエーターを手にいれた。その他にベニヤ板、プラスティックのじょうご、モトクロス自転車のタイヤチューブ、アクリルガラス。六十九個の空き缶。

縦六十センチ、横九十センチの木箱を作りラジエーターをいれて黒く塗り、ガラスをかぶせた。タイヤチューブを給水設備につなぎ、祈りつつ蛇口をひねった。

暖かくはなかった。やけどをするほど熱かった。



審査員は一見しただけでは何なのか全くわからないそのガラクタの寄せ集めの前で、次々に足を止めた。「これはなに?」

六十九個の空き缶からなるその装置は、部屋を摂氏30度以上にすることができ、九十五度ほどの湯を湧かすことができるよう改良されていた。

審査員は質問した。「なぜこの装置を作ろうと思ったの?」

喘息の発作に苦しむ妹のため。家族のためだった。

ギャレットにとって、サイエンス・フェアは重要なことではなかった。

必要こそ、発明の母なのだ。



本書はサイエンス・フェアに参加した十一人の高校生を追ったドキュメンタリーとなっている。僕が紹介した三人の子が特別ドラマチックだったわけではない。他の子たちの来歴、研究も驚くものである。

僕にとってはこの本そのものが「センス・オブ・ワンダー」だった。感動という言葉では表現しきれない不思議な感覚が今もずっと胸の中にある。

未来とは時間軸で計られる概念だと思っていたが、そうではなかった。可能性を信じて手を伸ばせばいい。その手の中に、未来はあるのだ。


文章はスピード感があって子どもにも読みやすい。自分の子を独創的な発想のできる子に育てたい親御さん、そして全国の中学生・高校生にぜひ読んでほしい。

この本が多くの少年少女たちにとっての種になると、僕は確信している。

座頭魄市orejiru at 17:13│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月14日

bg

【あらすじ】
平凡な女子大生アナは学生新聞の取材のため、巨大企業の若手CEOのグレイを訪ねる。誰もが心惹かれてしまいそうな容姿でばく大な富を持つグレイは、「君のことを知りたい」と引っ込み思案で恋愛未経験のアナに興味を示す。次第に二人が親密になっていったある日、グレイの自宅に呼び出されたアナは衝撃的な契約を持ち掛けられ……。

【感想】
公開初日、レイトショーで鑑賞しました。

原作はシリーズ三部作で、全世界累計7000万部を売り上げたというのですから、期待は高まります。SMプレイを題材にした小説がこれだけ女性に読まれていることを考えると、なんだか心がぽかぽかしてくるのは僕だけではないはずです。

これはもしかすると客層は単独の女性ばかりで埋め尽くされ、上映中は視界になにやらもぞもぞと落ち着きがない女性の様子が見てとれて、エンドロールの後には性欲をぶつける相手を求めた女性客に声をかけられてそのままなにかいい事に発展してしまうなんてこともあるんじゃないだろうか、なんて妄想が膨らんできてしまい、一人ニタリニタリとはしたない顔でラウンジで上映を待つのでした。

そうは言っても昨年末公開の「ニンフォマニアック」では、そういったスケベ心が頭をよぎったにも関わらず、いざ入場が始まってみるとめでたく8割おっさんという結果だったことから、頭を振って邪念を振り払ったのでした。

しかし今回は「ニンフォマニアック」のような結果にはならず、半分冗談まじりに描いた妄想の情念が眼前に広がるのでした。

そうです。

8割が若い女性。

しかも一人で来ている女性がほとんど!

これはもう場内フルスケベに違いないと鼻息も荒くなる。なんとか平静を装うとするも、場内フルスケベ、場内フルスケベと思えば思うほど脳内フルスケベに活発化。果ては、ほとんどの女性がコートを脱いで膝掛け代わりに脱いだものを下半身に掛けているのだが、その股間とコートの間に両腕の先が滑らかな曲線を描いて消えている様子に、見ることの叶わぬその指先は、いったいどんな動きをするのだろうかと想像しては生唾をのんで咽を鳴らすのでありました。

この、上映開始までの少しの時間。

その時間が一番良かった。

始まってみると、濡れたのは望んでいたあそこなんかではなく頬でした。つまらなくて泣けた。

ひとつひとつ何がつまらないか説明してのフルボッコも意味ないし、あまり時間かけたくもないので端的に言って終わりにします。

これはつまらない。
変な期待はやめて、別の映画見ましょう。
カップルで見に行くとか悲劇でしかないので、注意してください。
僕からは以上です。

座頭魄市orejiru at 20:46│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月03日

ほぼ全ての人が、開始直後に抱腹絶倒だ。3分(1ラウンド)耐えられる奴なんていない。

赤コーナー。マイクタイソン自伝の登場だ!

真相---マイク・タイソン自伝
マイク・タイソン
ダイヤモンド社
2014-07-18



まぁとにかくスゴい。何がスゴいって、これはもう僕がだらしのない文章で説明するよりさっさと引用してしまったほうが話が早いだろう。

最初の1ページ目はこうだ。

俺たちは〈ピューマ・ボーイズ〉と呼ばれているやつらともめていた。一九七六年のことだ。俺はブルックリンのブラウンズヴィルに住んでいた。当時、俺は〈ザ・キャッツ〉と呼ばれるラトランド・ロードの連中とつるんでいた。クラウン・ハイツの近くにいるカリブ海出身の一団だ。俺たちは押し込み強盗団で、仲間が〈ピューマ〉のやつらと言い争いになったから、加勢しようと公園に駆けつけたんだ。ふだんは銃を使ったりしなかったが、仲間のためだ、ひと山盗んできた。拳銃数丁に357マグナム一丁、第一次世界大戦時に使われていた銃剣つきの長いM1ライフルが一丁。人家に侵入すると思わぬ掘り出し物があるものだ。
 というわけで、俺たちは銃をかかえたまま路上を歩いていたというのに、誰も注意を払わず、俺たちを止めるおまわりも近くにいなかった。
「おい、あっちへ行ったぞ!」ロンというハイチ系の仲間が言った。〈ピューマ〉の野郎だ。駆けだすと、モーゼが紅海を分けたときみたいに、公園の群衆がふたつに割れた。いい判断だった。なぜって、仲間の一人が発砲を開始したからだ。「バーン!」銃声を聞いて、みんなあわてて逃げ出した。
 歩き続けるうち、〈ピューマ・ボーイズ〉の何人かが通りに停まっている車と車のあいだに隠れていることに気がついた。M1ライフルを手にすばやく振り返ると、拳銃を持ったでかい男が俺に狙いを定めていた。
「いったい何をしているんだ、こんなところで?」と、そいつは言った。俺の兄貴のロドニーだった。

「さっさと家に戻れ!」

そのまま公園を出て、家に帰った。

まだ十歳の頃の話だ。


_人人人人人人人人人人人_
> まだ十歳の頃の話だ <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

もう勝てるわけがないでしょ。
この強烈なパンチライン。

日本なら妖怪ウォッチのメダル集めしてる年齢ですよ。

スゴいのが、この1ページ目のテンションがずぅ〜〜っと続く。もう食べられませんって言ってるのに食わせようとしてくるの。650ページもある、なかなかボリューミィな本なんだけど手を緩めない。行間を読もうとしたって無駄。行間なんてないからね。全ての行をフルスイング。

自分語りの武勇伝って大抵しんどい。でもタイソンの語りは突き抜けすぎてて、そこまでしんどくない。ただ、どうしても話が〈金〉と〈女〉と〈ドラッグ〉の話に集中してしまって、その辺りに若干飽きてしまう感は否めない部分ではあるんだけども。〈金〉〈女〉〈ドラッグ〉〈金〉〈女〉〈ドラッグ〉〈金〉〈女〉〈ドラッグ〉のループも後半になってくると倦怠感も超えてクラシックとなる。

でも数万ドルのダイヤモンドを一晩限りのゆきずりの娼婦に際限なくあげる話だとか、やっぱりスケールがでかくて面白い。「俺にとっちゃ数万ドルのダイヤなんてチョコバーを買ってやるようなもんだ」って(笑)実際にタイソンは数億ドルを瞬時に稼いだ男なんだから、この台詞もしょうがないよねって思えるでしょ。もうスゴい。そもそも、俺スゲー話がしんどいからって耳塞いでも、耳ある限りは噛みちぎられるし。読むしかないよ。

ただ、これも悲しいかな最終ラウンド(第16章〜エピローグ)まで立っていられる(読みきれる)奴もほとんどいないだろう。10人中7人は途中で挫折するのではないか。俺がいかに優れた人間なのかという語りはさすがにボディブローのように効いてくる。もう少しボリュームを抑えられれば大絶賛の本だったのに、中盤やや冗長なのがマイナスポイント。

そのマイナスポイントを加味したうえで、やっぱり超面白いオススメ本ではございます。若くして掴んだ栄光。ドラッグとセックス。レイプ事件に耳噛み事件。挫折と転落。そしてビーガン(絶対菜食主義者)へ転身からイスラム教入信まで。

スゴい人生だ。まるでシッダールタ。this is classic。



座頭魄市orejiru at 23:24│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索