2014年01月

2014年01月28日

未読の方はまずは読んでほしい。
既読の方はこれより面白い本を是非教えてほしい。



上中下巻を合わせると2000ページにも及ぶ長編小説だが、費やした時間に対する見返りは手に余るほどに大きかった。とてもひとりでは受け止めきれないその見返りのことを、たかだか数千字程度で説明するのは著者に対する冒涜のようにも思える。

そもそもが、これほど素晴らしい小説と釣り合いのとれる“感想文”なんてものを、納得のいく完成度で書ききる自信がまったくない。さて、どうしよう。

いや、そもそも感想を書きたいのではない。読んでもらいたい。あなたに読んでもらうにはどう書くべきかを悩んでいる。


著者のグレゴリー・デイヴィッド・ロバーツは1952年、オーストラリア生まれ。10代で無政府主義運動に身を投じる。20代で結婚するが、すぐに家庭は破綻する。離婚を機にヘロイン中毒になる。1977年、銀行強盗をして逮捕される。刑期20年。1980年、刑務所から脱走。2年かけインド、ボンベイに渡り国外逃亡に成功する。ボンベイのスラム街にて無資格で医療所を開設。世界基準での最下層相手に治療を続けるうちに、マフィアに見出される。しかし何者かの裏切りによって逮捕。世界で最も劣悪な環境で知られるボンベイ刑務所に収容。そして地獄の監獄からの生還を果たす。それから友人の死、愛の喪失から再びヘロインの世界へ——。

ここからさらに濃い人生が続くのだが、なんだかスゴそうな予感は感じてもらえるだろうか。「シャンタラム」はこの著者の私小説と考えていただいて構わない。著者は一度オーストラリアに戻り、残りの刑期を済ませた後に、獄中で書いたこの「シャンタラム」を発表した。刑務所内、脱獄、スラム街、薬物の魔力と過酷な離脱、アフガニスタンの戦争、マフィアの抗争と、あらゆる描写が緻密に描かれている。おかげで読んだ者はインド周辺の内情を、空気を、人間を、そして叡智を知ることになる。この本が発表されるやいなや、バックパッカー達の手から手に、本は旅を重ねて、海を越え、ハリウッドセレブ達の元へと渡った。ジョニーデップは「シャンタラム」に惚れ込み、映画化の権利を手に入れた。世界中を虜にする日は近い。

なによりも、初めの1ページを読めばその先を読まずにはいられないだろう。

 愛について、運命について、自分たちが決める選択について、私は長い時間をかけ、世界の大半を見て、今自分が知っていることを学んだ。しかし、その核となるものが心にめばえたのはまさに一瞬の出来事だった。壁に鎖でつながれ、拷問を受けているさなかのことだ。叫び声をあげている心のどこかで、どういうわけか私は悟ったのだ。今の自分は手枷足枷をされ、血を流している無力な男にちがいないが、それでもなお自由なのだと。拷問をしている男を憎む自由も、その男を赦す自由も自分にはあるのだと。どうでもいいようなことに聞こえるかもしれない。それはわかっている。しかし、鎖に噛まれ、いたさにひるむということしか許されない中では、その自由が可能性に満ちた宇宙となる。そこで憎しみと赦しのどちらを選ぶか。それがその人の人生の物語となる。
 私の人生の物語は長く、込み入っている。私はヘロインの中に理想を見失った革命家であり、犯罪の中に誠実さをなくした哲学者であり、重警備の刑務所の中で魂を消滅させた詩人だ——


向こうからやっては来ない。ここから先は、あなた自身が向かわなければならない。感動は、遥か2000ページ先であなたがやって来るのを、じっと待っている。

座頭魄市orejiru at 23:02│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月22日



いまのところ、これだけ読んだ。おもしろい!一眼レフで覗いているような絵が気に入りました。料理好きなら気に入ります。¥186!








評判がいいのでこれを機に。各巻¥168!


粘膜人間 (角川ホラー文庫)
飴村 行
KADOKAWA / 角川書店
2012-10-01


こちらは「エログロ表現の極地」といわれる作品。これを読んで勉強して、おれもスカトロ作品書くぞー!
¥150!




自分好みの主義主張なのが読む前からしてわかるので、ほんとうは正反対な主義主張をどんどん読むべきなんだろうけど…安いんだもんっ!¥234!








定期的に耳にする大槻ケンヂの半自伝的小説。さぶかる男子で読んでない人はいないんだとか。今年35になるってのに手出す本じゃないよなあ…とかぶつくさ言いながらも購入。¥174だもんっ!


七帝柔道記 (角川書店単行本)
増田 俊也
KADOKAWA / 角川書店
2013-08-08


おぉっ!友人に推薦されていた木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか [Kindle版](※こちらはSALEではありません)が未読だというのに。だけど、きっと、これも読むことになるんでしょっ!今のうち!¥540!併せて「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」も購入。¥2080。


めっちゃ買い込もうと思ってたんだけど、ピンときたのは以上でした。

座頭魄市orejiru at 21:02│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月19日

内臓とこころ (河出文庫)
三木 成夫
河出書房新社
2013-03-05


本書は「さくら・さくらんぼ保育園」で行なわれた三木成夫(解剖学者)による講演会の模様を文字に起こした本です。

糸井重里さんが「誕生祝いのプレゼント」として友人によく贈っていると知って、興味をもちました。

三木成夫さんの話はユーモア溢れめっぽうおもしろい!
「こころ」とは、内蔵された宇宙のリズムであると説き、おねしょ、おっぱい、空腹感といった子どもの発育過程をなぞりながら、人間の中に「こころ」がかたちづくられるまでを解き明かしていきます。

例えば人間を人間たらしめる「直立」について

これを「視界拡大」の衝動——人間だけの持つ、この強烈な促迫の産物としています。
遠くを見る眼差し、というのがあります。たとえば、あの小高い丘に腹這いになっているライオンや、大空を舞っている鷲。目つきがどことなく人間と似てないですか。しかし、そこには根本的な違いがある。動物たちのそれは、たったの獲物と直結しているだけです。(中略)これに対して人間のは、あくまでも全体の景色を、それもできるだけ遠くを…というものですね。
 直立を生むのは、ですから、狙う衝動ではなく、あくまでも遠くを眺めようとする衝動です。この「遠」に対する強烈なあこがれ——これこそ人間だけのものです。宇宙の彼方に、果てしなく旅を続けてゆく、あの世界です。いってみれば私ども星ひとつ眺めている時もでも、そこでは、じつは何千・何万光年の「時空の遠」を見ている、ということになる。
 “骨董趣味”から“歴史ブーム”それに海外旅行から登山隊…。これらはみな、この「遠」に対するどうしようもない憧れなんですね。


このようにとても分かりやすい説明で、ハイハイからつかまり立ちに至るプロセスを解説してくれます。
主に0歳児から3歳児までの成長過程において、内蔵にはどのような変化が起こっているのか。それを本書で知ることで、子育てのおもしろさがまた別の視点からも楽しめるようになっています。

ところで表紙の絵ですが、なんだと思います?

これは受胎38日めの胎児を正面から描いた絵です。
受胎からどのように変化していくのかを観察した結果が興味深かったです。
この38日めの胎児には五千万年前の新生代第三紀の生物の特徴がみられるのだとか。
36日めでは一億五千万年前の中生代ジュラ紀の生物の特徴が…。
35日めでは二億年前の中生代三畳紀の特徴が…。
解剖学と生物学の観点から語られる驚愕の事実に、鳥肌が立ちました。


プレゼントにも最適な本だと思いました。
人間ってほんとおもしろい!


座頭魄市orejiru at 13:04│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月16日

81c05554

【ストーリー】
声優になることが夢のアニメオタク女子・麦子は、無責任な兄の憲男と2人暮らし。そんなある日、麦子たちが幼い頃に家を出たまま音信不通だった母親の彩子が突然現れ、同居することに。自分勝手な母が許せず戸惑う麦子だったが、実は病魔に冒されていた彩子は、ほどなくして他界してしまう。麦子は納骨のため母の田舎を訪れるが、若かい頃の彩子とそっくりな麦子は町の人々に歓迎され、それまで知らなかった母の一面を知る。
【感想】
なんなら★10でもよかった、激しくオススメ作品。

ダメ人間を撮らせたら右に出る者はいないと評される吉田恵輔監督。
「麦子さんと」を鑑賞するにあたって過去作品を復習した。
「純喫茶磯辺」「さんかく」の2作品。
純喫茶磯辺 [DVD]
宮迫博之
メディアファクトリー
2009-02-06


さんかく 特別版(2枚組) [DVD]
高岡 蒼甫
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-11-03


こんなおもしろい作品をこれまでスルーしてきたことに憤りを感じる。
めっちゃくちゃおもしろい!特に「さんかく」に関しては恋愛映画部門屈指の大傑作だ。
吉田恵輔監督を未見のかたは「麦子さんと」にも足を運んでほしいが「さんかく」から観るべきである(もちろん「純喫茶磯辺」も秀逸なので見逃してはいけない)。吉田恵輔の演出は凸と凹で互いを補う本来の人間関係ではなく、凹に凹でもずらせば補いあえるじゃん!といった感じの少しいびつだがそれが味になる演出。ダメな人間を補うのは、やはりダメな人間なのだ。

今回の「麦子さんと」でもやはりダメ人間が多く登場する。
というよりダメ人間のオンパレードである。
冒頭は母の遺骨を抱えて母の田舎を訪れた麦子。
駅で待機していたタクシーに乗り込む。
後部座席に座る麦子の姿をバックミラーで確認するやいなや、運転手は麦子の母である彩子さんにあまりにもそっくりな姿に驚く。そして前方不注意で警官を轢いてしまう運ちゃんと、轢かれたというのにマイペースなどこか間の抜けたその警官。

その冒頭シーンによって、これからダメ人間がいっぱい登場します宣言としている。

麦子と暮らすお兄ちゃんは、パチ屋の仕事をしているスロッター。
部屋にスロット機「アステカ」と「大花火」を設置しているところから筋金入りだとわかる(ちなみに「麦子さんと」の完成披露会見で監督は2013年はたくさん仕事をした(映画3本撮っている)ので2014年はカジノでのんびり過ごしたいと発言。たぶんダメ人間だろう)。

それでも幼い頃から家を出て行った母と他界した父に代わって親のように麦子を面倒みていた、のだが。事態は急変する。
突然母が訪ねてくるのだ。
そこで実は母から、毎月仕送りを15万円も受け取っていたことが判明してしまう。母曰く、毎月15万円用意するのが難しくなった。これを機に一緒に暮らそう、と。居心地悪くなった兄はどことなく長続きしなさそうな彼女と一緒に暮らすと言って出ていってしまう。
突然家を出ていった母を許せない麦子だったが、そんな母との急に始まる2人暮らしにとまどいを隠せない。朝は母が使っている、うるさすぎる目覚まし時計(この時計は伏線となっていてやがて回収される)で強制的に起床。大好きなアニメ(伏線)を見ていても割り込んできて集中出来ない。勝手にマンガの単行本を捨てるわ、勝手に人の郵便物開封(伏線)してるわで麦子はついにぶち切れる。母を突き飛ばし(伏線)てしまう。

突如はじまった母との暮らしだが、おわりも突如やってくる。
母は末期がんだった。突然に他界する。

回想はコンパクトにまとめられているものの、伏線(というほど大袈裟なものでもない)が多く貼られている。あらすじで書き出した中にもカッコで示したが、あらすじ以外のシーンでも多く見受けられた。終盤にこれらを丁寧に拾ってゆくのが心地いい。

回想はおわり、冒頭にもどる。

ここから母の田舎でのドタバタが始まるのだが、どいつもこいつもだめな感じがゆるく出ていてたまらない。役所勤めのミチルさんもババアのくせにボーイズラブにはまってるし旅館の亭主ハルオも口が軽すぎるし、その息子も麻雀パチンコばっかりの田舎いるいるなもやしもんだ。凹と凹とが出会い繋がって、時に励まし合ったり、かと思えばけなし合ったり。そうして繫いだ人間関係の先に、思いもよらぬ感動が待つ。

吉田恵輔の流儀がしっかりと詰まった傑作でした。
文句なしのオススメ。

「麦子さんと」★9


座頭魄市orejiru at 16:22│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年01月15日

104c3420

【ストーリー】
セレブの豪邸が立ち並ぶ高級住宅街カラバサス、華やかな生活に憧れを抱くニッキー(エマ・ワトソン)ら5人の少年少女たちは、パリス・ヒルトンやオーランド・ブルームなどセレブの豪邸をインターネットで調べ、留守宅への侵入と窃盗を繰り返していた。それはほんの悪ふざけのつもりだったが、やがて彼らは後戻りできないところにまで足を踏み入れてしまう。


【感想】
期待していただけに非常にざんねんな結果となってしまった。ソフィア・コッポラともあろうお方がこのような低俗な内容をファッション感覚で取り上げるというのはいかがなものか。そこに痛快な批判をこめてルブタンで築いた山を燃やしてしまうようななにかが描かれていれば、少しはこちらの気持ちも静まったというのに。というよりてっきりそういう爽快感が用意されているとばかり思っていたというのに。

でだ、やはりソフィア・コッポラともあろうお方がそんな映画を作るはずもなく、意図的に削ったわけだ。偽悪的に、と言ってもいい。少年少女たちはどんな家庭に育てられたのか、どんなソーシャルネットワークを構築していたのか、どんな思想をもっているのか、そして少年少女の現在は。とにかく本来描かれるべきものをあえて削り、薄っぺらい映画にしたうえで世に問うたわけだ。ルブタン履いて、バーキン持って、高級車を乗りまわして、マリファナ吸って、クラブで踊るパーティピープル。超COOL!!スマートな携帯電話でハイポーズ!!
LikeLikeLike!!どう?これが今のわたしたち、キラキラ系よ、ステキなものはなにもかも、シェアしちゃえばいいじゃんいいじゃん。それよくない?よくない?それ。よくよくよくよくよくよくない?みたいなー。ノリが肝心。なにごともノリで解決Like稼ぎの秘訣。困ったときはソーシャルソーシャルゥー。
そんな低俗なノリを低俗なママ発信。しかしそれを低俗な者たちが観てどう感じるのだろう。その空気を含めてファッション化し、ファッショ化、ファッションモンスターが生まれる。現に新宿シネマカリテでは低俗なビッチどもが主な客層だった。くわえてこのように人を見た目で判断するような人間がプラスαついてくる。しょーもない。ほんとにしょーもない映画作っちまったな。

なんか言いたいことあった気がするんだけど忘れた。
ふて寝しょ。

「ブリングリング」★4


座頭魄市orejiru at 12:16│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索