2013年07月

2013年07月30日

たまに仕事が早く片付いて嬉々としたステップで帰宅すると、五歳になる息子が嬉しそうな表情で「パパ〜おかえり〜」と甘えて来る。しあわせを噛みしめていると、少し間をあけて「パパ〜ipad貸して〜」と甘えた声を出す。

もうわたしを待ってなどいないのだ。パパではなく、ipadを待っている。

五歳だというのに、帰宅して間を空けず「パパ〜ipad貸して〜」と口にすればパパが傷つく、或いはパパよりipadが待ち遠しいという本心がばれてしまうという駆け引きのようなものが透けてみえ、パパとしては成長が嬉しいかぎりだ。

しかしここで成長を喜んでばかりはいられない。「more than ipad」楽しいパパになるべく意識を高めていかなければいけない。
これは人間と機械の代理戦争だ。

座頭魄市orejiru at 20:11│コメント(0)トラックバック(0)雑記  | このエントリーをはてなブックマークに追加
1

吉祥寺オデオンで「モンスターズ・ユニバーシティ」を観てきました。
五歳の息子は初映画館。
わたしのデビューは息子と同じ年齢くらいの時に、アニメ「銀河鉄道の夜」でした。
内容は曖昧にしか憶えていませんが、映画館にある独特の雰囲気は鮮明に憶えています。

上の階では「風立ちぬ」が上映中で、ジブリVSディズニーの構図はその場の動員数ではジブリが圧勝。
データはというと。
「モンスターズ・ユニバーシティ」
公開2日間で興行収入8億4,752万円、観客動員数61万4,968人
「風立ちぬ」
公開2日間で興収9億6088万5850円、観客動員数74万7451人

今年の興行収入成績を塗り替えた「モンスターズ・ユニバーシティ」を翌週に塗り替えた「風立ちぬ」がリードしているようです。本格的な夏休みに突入して「モンスターズ・ユニバーシティ」がファミリー層を集めロングラン、巻き返したら面白いですね。

さて、肝心の「モンスターズ・ユニバーシティ」の内容ですが、予想をはるかに上回って面白かったです。「モンスターズインク」よりも出来がいいという評判は決して大袈裟な評価ではありませんでした。「モンスターズインク」と比べると、“大人たち”から“子どもたち”へ伝えたい、たいせつなメッセージが詰まっていました。お子様を育てている保護者の方々には、是非とも子どもと一緒に映画館へ足を運んでいただけたらと思います。


「モンスターズ・ユニバーシティ」で子どもたちに伝えられるたいせつなメッセージ

1,じぶんの短所と他人の長所を比べないで。「あなた」は「あなた」
02_m


1,完璧を求めていては動けなくなる、とにかく動いた人が報われる
06_m


1,配られたカードは変えられない。手持ちのカードで楽しもう
10_m


1,「まわり」を変えようとするよりも「自分」を変えようとするほうが賢い
01_m


1,本当の人生は、安全地帯の外に広がっている
08_m


1,「『だれか』あれを解決しないのかな」の『だれか』は『あなた』
09_m


1,「生活」は、得るもので成りたつ。「人生」は、与えるもので成りたつ
1


良き映画で良き人生を

座頭魄市orejiru at 16:02│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月24日

シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray] [Blu-ray]


ディズニー映画の『シュガー・ラッシュ』を観ました。
これまでのディズニーには、人間(特に女の子)のキャラクター作りがヘタクソというイメージがありました。例えば『モンスターズインク』でもオリジナルのモンスターはとても魅力的なのに女の子の「ブー」があまり魅力的に感じません。もしもディズニーが日本の『萌え』を取り入れていたら、評価は今以上にあがったでしょう。

今回のディズニー新作『シュガー・ラッシュ』には感動しました。
これまで苦手だとされてきた(?)人間のキャラクター作り。
見事にかわいい女の子キャラ作りに成功していました。
『萌え』ます。
外見から性格から設定から隅々まで、『萌え』をディズニーが理解した記念すべき作品です。
ディズニーの新境地。
超絶おすすめ。

座頭魄市orejiru at 11:18│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月12日

外観
mp-2__shimizu_ken


1


mp-3__shimizu_ken


mp-4__shimizu_ken


mp-6__shimizu_ken


mp-12__shimizu_ken


mp-13__shimizu_ken


こどもライブラリも児童図書30000冊を配置。
_1154_01
_1154_02


オープンスペースになんとボルダリングが出来るウォールを設置。
_1170_02


サウンドスタジオまである(要予約)
_1171_01


すごいぞ武蔵野市。1Fにはカフェもあるし、
無料のWiFiも完備されたワークスペースもいいし、
他にもまだまだ!
詳しくはこちら 武蔵野プレイス

建築 (有)kwhgアーキテクツ

座頭魄市orejiru at 16:53│コメント(0)トラックバック(0)雑記  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年07月11日

昨日は読むもの 明日は書くもの


歴史に詳しくないので過去を勉強しようと思いました。
すぐに思い浮かんだのは池上先生。

そうだったのか! アメリカ (集英社文庫)
そうだったのか! アメリカ (集英社文庫) [Kindle版]

そうだったのか! 中国 (集英社文庫)
そうだったのか! 中国 (集英社文庫) [Kindle版]


アメリカの、歴史の浅さに胸を熱くさせたのち、中国の歴史の深さにのされました。

そこで、誰もが知る悪名高き「毛沢東」について、もっと掘り下げたくなり手に取ったのがこちら。

毛沢東の私生活〈上〉 (文春文庫)
毛沢東の私生活〈上〉 (文春文庫) [文庫]

毛沢東の私生活〈下〉 (文春文庫)
毛沢東の私生活〈下〉 (文春文庫) [文庫]


毛沢東の専属医として22年間ものあいだ、側近で見てきた男の回顧録。読むまえから胸が躍ったのは何故かというと、この本が発売された3ヶ月後、著者は自宅の浴室で遺体となって発見されたという事実と、中国政府は「事実無根の書」とし、中国での発禁扱いとなっているという点(現在も発禁かどうか調べていません)。おそらく中国政府に殺されましたね。政府の内部が裏ビデオよろしくモロ出しですもの。

毛沢東の麻雀中もおもしろい。卓を囲むときは大概若い女性と一緒に(プールサイドで)囲むそうで、雀卓の下ではいつも(囲んだ若い女性に)足をからませたり、足の裏で撫でつけてやったり、とても楽しそうだったようです。絵に描いたような権力者に安心します。
また、毎週ダンスパーティを主催し、毎回必ず若い女性を抱くもんで、とうとうダンス場の隣にベッドを置いていたのだとか。
毛沢東は風呂に一切入らず、歯も磨かぬ(口の中は緑だったらしい)不衛生っぷりが記録されているが、そんな臭いデブが権力で若い女性を抱いているのをLINDAで脳内再生しているうちに、毛沢東に興奮してしまう始末でした。

ほかに特筆すべきことはいくらでもあるだろ!といったところですが、こちらからは以上です。

次読むリストにいれてあるローマの歴史に取りかかりたいのですが
ローマの歴史 (中公文庫)
ローマの歴史 (中公文庫) [文庫]


予約中のkindle版「銃・病原菌・鉄」が明日データ配信されるのでこちらから先に読もうと思います。反射的に予約注文してしまいましたが、近所の古本屋で600円で売っていてあとで買おうと思ったまま放置してたのを思い出して、少し泣きました。

銃・病原菌・鉄 上巻
銃・病原菌・鉄 上巻 [Kindle版]



きのうを読んで明日を書こう!

座頭魄市orejiru at 15:09│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索