2013年06月

2013年06月25日

鑑賞メモ

グラン・トリノ [Blu-ray]
グラン・トリノ [Blu-ray] [Blu-ray]

アメリカ映画の良い部分をぎゅっと凝縮したような作品で、思いのほか感動した。


別離 [DVD]
別離 [DVD] [DVD]

イラン映画。
ベルリン映画祭にて史上初の主要3部門〈金熊賞&銀熊賞(男優賞・女優賞)〉を独占受賞した他、世界中で受けた賞はその数90冠を超えるという化け物映画。近年の映画では間違いなくベスト。パッケージからは魅力を感じず、手に取っては後回しにしてしまっていたが、これほどの傑作だったとは。未見の方が羨ましい。これほどの傑作をこれから鑑賞する喜びがあるのだから。あらすじを読んでも、パッケージを手に取ってみても、魅力を感じないかもしれない。それでもやはり見るべきだ。


座頭魄市orejiru at 19:03│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年06月21日

電子書籍元年といわれる2013年。

上半期がまもなくおわるところで、DTPの大手マッドハウス殿も逝ってしまいましたか。
胸があつくなります。

マッドハウス(東京)、破産手続き開始決定-負債2億9,400万円

年々加速して破産していってるのを呆然と眺めているのですが、今年は多いです。
代表メンバーを紹介しますと

紙屋からも山陽板紙工業殿が負債50億抱えて逝ってしまわれ
印刷屋からも日本ウェブ印刷殿が負債88億抱えて逝ってしまわれ
製本屋からも鈴木製本殿が負債14億抱えて逝ってしまわれ

既に今年に入って破産申告や業務停止は40社を突破しました。


いいですよ。
なんだかね、ファイトクラブのエンディング観てる感じで。
毎日筋トレしてっかんね。おいら。




座頭魄市orejiru at 21:13│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年06月10日

希望の国(Blu-ray)
希望の国(Blu-ray) [Blu-ray]


園子温監督の映画は2008年の「愛のむきだし」以降、毎回期待してる。
今回はテーマがテーマだけに、観るのもためらっていたが、園子温だからと鑑賞した。
やはりさりげなく毒を盛り込むあたり、さすが園子温といったところだが、それでも園子温らしさはいつものようには感じられなかった。
神楽坂恵と結婚したことも影響していると思う。
いい映画だったが、園子温には期待しているので、次回作に期待したい。

神楽坂恵から漂う昭和臭は異常。
塚本晋也監督の「六月の蛇」で黒沢あすかが演じた役を神楽坂恵で焼き直してほしい。


座頭魄市orejiru at 12:01│コメント(0)トラックバック(0)映画  | このエントリーをはてなブックマークに追加
ミステリ百科事典 (文春文庫)
ミステリ百科事典 (文春文庫) [文庫]


ミステリ百科事典を買った。

本書は四つの章で構成されている
第一章
人体(眼・手・血・首)
第二章
生物(猫、犬、虫、花)
第三章
風物(雪、氷、クリスマス)
第四章
事物(電話、時計、人物、蝋燭、手紙、郵便、遺書)

国内外400以上の作品のトリックが紹介されている。
1981年刊行された本なので、古臭さを感じるネタもあるのだが、ミステリ作家のアイデア集というよりは、百科事典形式のゴシックホラーとして読むのを推奨する。「宮部みゆきの推薦本」「ミステリ作家になりたい方は必読」などと言われてるが、その視点で購入する際はご注意を。



座頭魄市orejiru at 11:22│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年06月09日

金輪際 (文春文庫)
金輪際 (文春文庫) [文庫]


主語がでかい人間は信用ならない。
水で薄めた醤油を好んで飲むほどわたしは呆けていない。
毒でも薬でもいい。わたしは私的な感情の濃縮液を味わいたい。
インターネットは、ますます薄めたものが増えている。
おっと、主語がでかい。
主語に気をつけなはれ。

車谷長吉は私小説家、主語はちっさい。
主語ばかりか、人間の器もちっさい。
ちっさい、ちっさい男だが、信用できる。

人間関係に悩みがあるなら、車谷長吉を読むといい。
どういうわけか、悩みが解消されるのだ。

座頭魄市orejiru at 23:05│コメント(0)トラックバック(0)  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索