2011年11月

2011年11月29日

2011.11.28(月)

会社の先輩から週末開催されていたアイランダーというイベントの感想を聞く。

アイランダー2011

全国各地、島の物産品や工芸品作り、島暮らしの為の職紹介から住居案内まで。
子供と一緒に楽しめるイベントらしい。これは行きたかった…。
毎年開催されているようなので来年行きたい。

手のかかる案件抱え、深夜2時頃帰宅。
風邪治したい。


2011.11.29(火)

風邪完治はしていないが、もう鼻水は出ない。
あとは咳だけ。あと少し。

今日ネットでみつけたコピペ

人は「+」の事も「-」の事も口から言う。 
「吐く」という字は口と±(プラスマイナス)からできてる。 
だけど、苦しい時や夢や希望がある時に 
マイナスな事は言わないでみよう。すると「-」が無くなって 
「叶」という字ができる。夢や希望は「叶う」



2011.11.30(水)

11月28日放送の「伊集院光の深夜の馬鹿力」で語られた談志師匠についての文字起こしまとめを読む。リンク先はお笑い芸人の深夜ラジオをまとめているblog「世界は数字でできている」
伊集院光が語る「立川談志師匠の訃報に思うこと」

『うわぁ、スゴイ惜しい人を亡くして、こうすれば良かった、こういうことを訊けば良かった』って言い出すと、そのせいにしてね、冷蔵庫のハムが腐ってたのとか、ネギが液化してるのとか、部屋が汚いのとか、この間の誕生日にプロデューサーの池田からもらった手袋をもう無くしたこととかね(笑)そういうのまで乗っけちゃうから」


マイナスの連鎖は誰でも心当たりがあること。
自分自身、震災直後のマイナス連鎖はきつかった。
今に思うと社長が退職届を受理してくれなくて感謝ですわ。
全部震災のせいにしちゃえば楽だもの。
本に携われ、囲まれてる現状に感謝。

神様の遺体に、燃えるゴミを一緒に入れて捨てるようなマネだけはほんとにしないよう
肝に銘じておこう。

しかし伊集院光の“自分の言葉で語る力”には毎度感激。


2011.12.1(木)

いよいよ12月。東京の最高気温も一桁に。

普段より少し早めに帰宅。
嫁は寝てたが庵吾が起きてたので一緒に布団に入ってお話。
俺「庵吾はどうして飛行機乗りたくないの?」
庵「怖いから」
俺「怖い?パパは飛行機の中大好きだよ。どうして怖いと思うの?」
庵「ママが怖いって言ってた」
俺「そっか。でも飛行機の中でお弁当も出るし、飴欲しいって言うと飴ももらえるし、オレンジジュース飲みたいって言ったら持ってきてくれるよ。雲の上でご飯食べるのも美味しいんだよ。」
庵「え!?飛行機の中でお弁当食べれるの?」
俺「そうだよ。お弁当は種類があってね、お肉のお弁当とお魚のお弁当があるの。どっちが食べたいか自分で選んでいいんだよ。」
庵「あんご、飛行機乗りたい‼」
俺「ほんと?もう怖くない?」
庵「少し怖い。でもお弁当食べたい」
俺「じゃあ今度パパがついてるから一緒に乗ろうか」
庵「うん‼乗る‼」

先月JAXAの一般公開時には飛行機内部にはいる事も頑なに拒否していた庵吾。原因がやっとわかって良かった。

アインシュタインの言葉を噛みしめる。
“常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである”

親として自分に言い聞かせる。
自分自身で判断し偏見をコレクションさせること。
偏見は親が与えるものではない。


2011.12.2(金)

昨日より寒さ一段と深く。
週末は社の忘年会の為。早々に。


2011.12.3(土)

忘年会。

午前10:30出発→14:00着

白根神社参拝
時間帯が小学生の帰宅時間にぶつかったようで地元の子供達や家族が参拝に訪れる。風景が良かったのでしばらく眺めてみて気が付いた。この町の(大人は言うまでもなく)子供達はみな鳥居をくぐる際に必ず一礼している。小一時間眺め、その時間の参拝者は全員だった。一組だけしなかったのは旅行者。

温泉街は特に自然との共存意識は高い。自然の“湯”に生かされているからこそ、神様へ感謝を伝える心構えもしっかりと受け継がれているんだな。

子は鏡。
まず自分。背中をいつも見てる。
忘れやすい。忘れんな。

温泉街を饅頭とお茶、ビール飲みながらぶらぶら。女子会と思われる女子団体多いなぁ。足湯でちゃぷちゃぷしてる女の子達が絵になってたので声を掛けて写真撮らせてほしいとお願いしたら変態を見る軽蔑的な目で見られる。
「足だけだから!足だけ!」
咄嗟に出た言葉(笑)
間違いない。こりゃ変態だ。

六時から始まる宴会前に温泉。
ビール。宴会前に完成。

先輩の部屋に遊びに。
乳酸菌飲料だから!と取り出された“鬼ころし”を。催眠術かけられたようにヤクルト風に飲み干す。200円でこれ売っちゃいけないと思います。違法レベル。

宴が始まる。今度は焼酎のオトーリ。この辺りから記憶飛ぶ。写真のように静止画像で何枚か脳内に断片があるだけ。その一枚一枚が“どうしてこうなった”


2011.12.4(日)

忘年会つづき。
記憶が戻ったのは部屋にて。
ほんとにわからない。
はっと閃いて、iPhoneで何か撮影されていないかとiPhoneを。

誰のかわからないが肛門のアップ写真が一枚だけ。なにがあった。
そして誰だ。。。


午前二時過ぎ就寝。

午前七時起床。
二度目の温泉で昨日の酒を全部抜く。すこぶる快調に。

午後東京着。
嫁がずっと欲しがっていた自転車を買いに吉祥寺。
俺も欲しいけど吟味にもっと時間が必要なため、嫁のだけ購入。春まで吟味繰り返して購入しよう。
オリンパスと一緒に遠くまで行きたいな。まずは奥多摩行きたい。



今週のニュース
大阪市長選 橋下氏が当選

座頭魄市orejiru at 21:13│コメント(0)トラックバック(0)雑記  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年11月28日

2011.11.23(水)勤労感謝の日

2012年から備忘録をつけよう
と、考えたものの、年初めのキリがいい日から!みたいな思考って結局長続きしないもので、思い立った時に始めるのがほんとは一番キリがいいと思い直し、今日から始める事に。
週単位でまとめ。

先週木曜日、風邪の初期症状があったので、いつもより長めにジョギング90分。過去の経験から風邪は走ればウイルスが消える(根拠はない)んだけど、今回は悪化。
治ったばかりの庵吾(息子3歳)にうつしてしまうはめに。反省…。

庵吾がお気に入りの幼稚園の先生がいて、ピアノを弾く姿に惚れたよう。家でも何処でもエアピアノ。ピアノを買いにいこうと計画してたが保留にし、家で過ごす事に。しかし買ってあげたドラムセットもインテリア化してるし、ピアノもインテリア化する可能性は高いなぁ…。もう少し悩もうか。

そろそろ習い事を考えているのだが、自発的に「ダンス習いたい」と。
ダンス習いたい気持ちは本気のよう。音楽かけるといつも踊ってるもんな。親としては本当は英語教室orピアノ教室が理想だったが、ダンスも素敵。

俺は2012年からボルダリングを始める予定。
小学生の頃、川遊び中左手に大きな怪我を負った。後に聞いた話では両親が医者から「あと1.2週間様子見てだめなら親指を切り落とす可能性あります」と言われてたらしい。寸でのところで超回復したんだって。でも左手は右手に比べて動きは不器用なまま。さらに2年前バスケをした時に右手小指をポッキリ折ってしまい変形。自覚している明確な短所だからこそ、指には執着してしまう。
短所を埋めるのではなく、長所を伸ばすべき。とは以前読んだ「さあ、才能に目覚めよう」に書いてあったけど、“短所への執着”という呪いはなかなか解けない。


2011.11.24(木)

風邪治らず。先週末を無駄にしたんだし週末までにはどうにかならんかなぁ
日付の変わる瞬間、帰宅。

とあるきっかけから結婚の理想と現実について考える
詳細は書かないでおこ。

正直に言うと“結婚”の概念って古くね?と思うんだけど
これ言い出すとあらゆるところから圧力かかるからこれもやめとこ。

あ、結婚について何かを書こうとすると何も書けないんだな。
結婚=タブー ってか。


2011.11.25(金)

風邪治らず。もう一週間。
お客さんから息子にプレゼントを頂いた。
トイストーリーのポテトヘッド。トイストーリー大好きだから喜ぶだろうなぁ。
感謝感謝。後で遊んでる姿写真送ろうっと。

ライムスターが好きなくせに今年3月にニューアルバムを出してる事を知らなかった自分。
なにやってんだ自分。でも前作マニフェストから早すぎない?
しかし震災以降、音楽に関しては振り返ってばかり。
反省しつつ曲をかける。
POP LIFE 完全にやられた。
自分でもびっくりするほど歌詞から感じるものがあって、ちょっと泣いた。
良き出会いばかりの人生に感謝。




2011.11.26(土)

風邪治らず。長引きそうな気配。

両親の教えは“薬は自然界にある”のだそうで、子供の頃からよほどの事がない限り病院には行った事がない。我が家での風邪薬はたっぷりのはちみつと刻んだネギをいれお湯で割った飲み物。市販の風邪薬も実家を離れてから使用した事があるけれど、実際はちみつの方が効果がある。

とか言いながら全然治らないね。

2週連続週末を潰すのも嫌だし、今日は国立天文台での定例観望会に参加したかったのでお出掛け。毎月第二金曜日と第四土曜日の18:30~開催されている。
国立天文台HP
三鷹キャンパスに設置されているのは50cm望遠鏡。今月の観望は木星。
自分でも不思議な程木星が好き。
多分きっかけは“ジュピター”って響きからだろうけど(笑)
それからNASAがそれぞれの惑星の音を録音した音源が公開されているんだけど、なかでも木星の音が一番心地いい。木星の音を聴きながら仕事したり瞑想したりしているうちに一番好きな惑星に。模様もナチュラリスト向けな感じでいいよね。




無料でこんな素晴らしい望遠鏡を覗ける、なんて素敵だろう。
あいにく息子はその瞬間タイミング悪く眠ってしまい覗かせる事出来ず…。
他に20cm望遠鏡、10cm望遠鏡も設置してあったんだけど、10cm望遠鏡でも木星の縞模様をはっきり確認出来て驚いた。

やっぱり冬になると天体観測をする人が多いのかこの日は500名を越える参加人数。ちなみにスタッフに聞いてみると第二金曜日は9名だったそうで(笑)土曜日の参加人数はどんどん増えているらしく、来年の4月からは要予約制になるそうだ。ふらっと天気良ければ参加出来る今がチャンスかな。

10cm望遠鏡でも充分満足出来る事がわかり、余計天体望遠鏡が欲しくなる。

13cm望遠鏡で値段も5万円を切っているこの望遠鏡が現実的。
Vixen 天体望遠鏡 PORTAII R130Sf

でも同じ13cm望遠鏡でも赤道儀架台に憧れたり(写真撮影するならこちら)
Vixen 天体望遠鏡 GP2-R130Sf

相当時間を割いていたパラレルワールドも読了。
パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ
パラレルワールド―11次元の宇宙から超空間へ
クチコミを見る



2011.11.27(日)

風邪治らず。
息子も風邪引き中だが元気いっぱいのようで吉祥寺へ。
公園口出てすぐのパープル通りにある山とスキーの専門店“山幸”へ
ここのスタッフさんと山の話をすると本当に時間を忘れる。
岩手の山についても語れるほんと山好きのスタッフさん。
塔ノ岳の話からはじまって、箱根の金時山を強く薦められた。写真も見せていただいたが富士山を眺める絶好の山らしい。来年絶対行く。

ぶらぶら散歩を少しして、早めに帰宅。
帰り際ヒックとドラゴンを借りる。
評論家からものすごい高い評価を受けていて、観た人誰もが大絶賛するので興味はあったがなかなか観る機会もなかった映画。
なんだこの面白さ。期待値わざわざあげて観たのに、軽く上回る面白さ。
三歳児すら釘付けで喜怒哀楽全ての感情が顔に出てた。
嫁もその横で泣いてるし。
観賞後すぐに「もう一回!」と息子。うん、わかる。
いやそれにしても面白い。参った。
これは買うしかないな。

ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]
ヒックとドラゴン スペシャル・エディション [DVD]
クチコミを見る



今週のニュース 
立川談志さん死去


座頭魄市orejiru at 13:03│コメント(0)トラックバック(0)雑記  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索