2011年06月

2011年06月24日

量子力学界の奇妙な物語
二重スリット実験の解説
すご〜く分かりやすく、とても面白いので紹介





人間は原子レベルで同じ物質で出来てる
人間だけじゃなく、
植物も、鳥も、虫も
全て原子レベルでは同じ物質



じゃあ“個性”ってなんだろうってふと疑問に思う



二重スリット実験でわかった事は
粒子に監視をいれると論理的な動きをするという事
粒子には“意思”があって、監視下では論理を重視するわけだ



つまり“個性”とは
監視の“質”と“量”に帰属する



例えば軍隊
軍の監視下で兵隊は訓練され、やがて規律正しい兵隊が完成する
それでも“個性”が残るのは過去の監視の質と量に依存するから

例えば双子
双子は時同じく産まれ、親から同じ“質”と“量”の監視下に育てられる
双子はさも不思議な力で結ばれているように語られるけど、
これで説明がつく

他にオオカミに育てられたこどもの逸話もある
※信憑性に欠けますが アマラとカマラ参照



粒子は監視が入らない場合に“波”となった
監視のない世界で“自然体”であった

僕はこの二重スリット実験を通じて納得した
だからだ
画家であったり陶芸家であったりその道の筋達が
その道を極めるため山などに蘢る理由
“自然体”での作品を生む方法なのだ

その身監視より遠きにおき、
その身粒子の波となり自然となる
それが自然の産物だからこそ僕らの胸を打つ



納得した




余談だけど粒子に意思があると仮定するなら、それを制御しながら力を手に入れようなんておこがましいと思った。原子力発電なんて。仮説が正しくて、それが真理ならば、もう原子力なんてやめたほうがいい。踏み込んではいけない領域なんじゃないかなって思った。

例えるなら僕が箱の中に閉じ込められ、
そこに自転車が置いてあって
ずっとペダル漕いで発電しろよwww
みたいな状態でしょ。
そりゃ監視されてるうちは漕ぎ続けるけど
外界で災害があって、監視の目がなくなったら
ひゃっはーーー!!って暴動おこしちゃうよね

ちょっとふざけた言い方だけど
粒子に意思があると仮定するなら
可能性はあるなと思った。


座頭魄市orejiru at 22:44│コメント(0)トラックバック(0)真理  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月20日

Gigazineさんの記事によりますと薬指が人差し指よりも長い人はイケメン率が高いらしい。 
イケメンは薬指が長いことが明らかに、男性の指の長さと容姿の意外な関係
hand_1876380c

人差し指よりも薬指の方が長い男性は、女性から魅力的だと思われる可能性が高いという研究結果が発表されました。

指の長さの比率は性ホルモンと関係があると言われていて、薬指の方が長い人は、胎児の時に子宮の中で男性ホルモンの一種であるテストステロンに長くさらされた結果、そのような身体的特徴を得るのだと見られています。



また、AFPBB Newsにもこんな記事が!!
薬指が人差し指よりも長い人は金融トレーダー向き、英大学研究

他にも調べてみると薬指が長いのは
「数学能力が高い」だとか
「決断力が高い」だとか
「絶倫」だとか

いい事尽くしのようです。

僕の薬指なんですが…



人差し指どころか中指越え
今まで中指よりも長い人に出会った事はないんですが
テライケメンって事でいいんだよね?
イケメンってモテるんだろうけど
テライケメンまでいっちゃうと声掛からないね。
テライケメンだもんな。
納得した。納得する事にした。

座頭魄市orejiru at 23:50│コメント(2)トラックバック(0)雑記  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月13日

半年遅れでDragon Ashの新作アルバム『MIXTURE』を聴いてみて、
うるっときたので記事に残しておこうと思いたち


MIXTURE(初回限定盤)(DVD付)
MIXTURE(初回限定盤)(DVD付)
クチコミを見る



Dragon Ashにはまったのは高校卒業してまもない十代の頃。
90年代のハイティーンをロックバンド聴いて過ごした多くの若者がDragon Ashの音とHIPHOPとが融合していく姿に熱をあげていたように思う。
99年発表の『Grateful Days』以降、発表の度に前作を上回る名曲を聴かせてくれる彼等にはひたすらについていく価値があった。Dragon Ashの根元にある“ロックバンドの心”は決してブレる事なくジャンルの壁を越えていく姿は神懸かっていたと思う。
99年発表のアルバム『Viva La Revolution』は今でも僕の五本の指に入る名作だ。

問題はその後だった。
Dragon Ash『Summer Tribe』
これにZEEBRAが怒りを露わにし、キングギドラ名義で『公開処刑』を発表。たしかにZEEBRAの歌い方だと思ったしモノマネと言われても仕方ない。ただし愛情、尊敬の念を感じたけどね。それに音は格別に良かった。若干濁りはあるものの、夏を思い出す名曲なのは間違いない。
実際kjも当時インタビューでZEEBRAを尊敬し、競演出来た喜びを語っている。(公開処刑の一件のあと「やらなきゃよかった」と洩らしたが。)『Grateful Days』での共演の喜びは相当のものだっただろう。そんな尊敬している人にDISられた現実がDragon Ashのあの突き抜けた音楽を失速させてしまったように思う。

それからのDragon Ashの迷走は聴くに耐えなかった。憧れていただけに、失望も大きく、僕は耳に一度はいれるものの、心に響く音は出せていなかった。随所にDragon Ashの突き抜けそうなセンスをずっと感じながらも…



あれから約10年が経つ。

今回のアルバムを聴いて少し泣きそうになった。
ラテン音楽にどっぷり浸かり持ち帰ってきたリズムがぶっ飛んでる
「リズム」フェチな人は一度聴いてみるといい。
このリズム感は相当なもん。そしてDragon Ashの音と相性が良い。
思わず『kjおかえり』と“言いかけた”

“言いかけた”ってのはDragon Ashのコアなファンならわかると思う。
アルバム名をMIXTUREにした意図やその意思が伝わってきたし、ファンとしてとても嬉しく思う。でも違う。今はまだ過去のDragon Ashが聴かせてくれたMIXTUREの枠から突き抜けていない。正直なアルバムの感想は、『もっと熱狂の渦に連れていってくれよ』

kj、貴方の自ら作ったハードルは相当に高いです。
でも越えられる。貴方の『リズム感』を他には知らない。

当時、Dragon Ashを聴いて夏を過ごしたロック好きな人達
そして今はDragon Ashから離れてしまった人達
Dragon Ashの次回作に期待しよう
そう遠くない未来にDragon Ashがとんでもない音を鳴らしてくれる
そんな予感がします。


今回のアルバムに収録されている『ROCK BAND』より

時は流れ冷めぬ感情
突き動かすあの頃の感動
忘れてねぇ今も何も
俺の夢はロックバンド

・・・・

夢見た理想と現実
あらがい鳴らすディストーションと旋律
洗い流す胸の中
そう“未来は僕らの手の中”




座頭魄市orejiru at 22:14│コメント(0)トラックバック(0)音楽  | このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年06月03日

節目節目に読み返している漫画があります
荒木飛呂彦の漫画「スティール・ボール・ラン」
特に第ハ巻に登場する人物の「価値」について
その「世界」を読み返す度に深く考えさせられます。


その人物は
リンゴォ・ロードアゲイン

741a326f



リンゴォのスタンド能力は6秒間時を戻せる事
5秒でも7秒でもなく、きっかり6秒
スタンド攻撃を受けた者は、その6秒の記憶は残る

つまり、珈琲を飲んでいる瞬間にスタンド攻撃を受けた場合
味、香り、温度の記憶があるのにもかかわらず
目の前にはいれたての珈琲が置いてある。
ただそれだけ。



リンゴォには流儀がある


「公正な果し合い」
彼は殺人が目的ではない
公正な果し合いを修行とし、
漆黒の意思による殺人に勝利する事
それが精神の成長となるという美学を持つ

「公正な果し合い」のため
自分のスタンド能力について全て話す
自分からは決して攻撃を始めない
相手が攻撃態勢に入った事を確認したのち
攻撃を開始する

自分の能力について説明をし、リンゴォは言う。


これが「男の世界」
…………
反社会的と言いたいか?

今の時代………
価値観が「甘ったれた方向」へ 変わってきてはいるようだがな…


リンゴォが言う「世界」…
そして価値観が「甘ったれた方向」へ向かっているとは…


「世界」は元々一つではなくて「世界」は各々に帰属してます。
「仕事の世界」「趣味の世界」「家族との世界」「友人との世界」

多くの場合「世界」は「価値観」を共有する事で成り立っていて、今の時代は「世界」の細分化が激しく進んでいるのを感じます。
今こうして画面を通して見る「世界」においても、数年前までは一括りに「インターネットの世界」だったけれど、今では「Twitterの世界」「Facebookの世界」といったように棲み分けがされているようにも見えます。匿名や偽名を使い、現実の「世界」と区別して利用する人もいれば、実名で現実の「世界」と区別せず利用する人もいたりして。

次々と誕生する新しい「世界」を自ら選択し、その「世界」を共有する人達が集う。
「インターネットの世界」の話だけではなくて、「仕事の世界」においてもそう。
「友人との世界」も「家族の世界」も……

全ての「世界」に帰属する人に、リンゴォの言葉が刺さります




「お前は『対応者』に過ぎない!!」




正当なる防衛をしてないか

対応者として生きていないか

漆黒の意思はあるか

その覚悟はあるか




リンゴォが漆黒の意思による果し合いに敗れた
その最期の言葉

「社会的な価値観」がある  そして「男の価値」がある
昔は一致していたが その「2つ」は現在では必ずしも一致はしてない
「男」と「社会」は かなりズレた価値観になっている…
だが「真の勝利への道」には「男の価値」が必要だ…
おまえにも それがもう見える筈だ…
ようこそ……「男の世界」へ


リンゴォの言う『漆黒の意思』
頭では理解出来ていても『対応者』から抜け出す事は難しい
ただ『漆黒の意思』がその身に宿れば、必ず道は拓ける。

座頭魄市orejiru at 23:39│コメント(0)トラックバック(0)真理  | このエントリーをはてなブックマークに追加
ヨガを始めようかと思ってyoutubeで“yoga”をまずは検索

ゼロから始めようとすると何から見ていいか全然わからないため、ランキングの再生回数が多い動画を見ればいいかなとおもったんだけど1位がこれ





いやいや…

ほんとヨガやろうと思ってるんだって…


気を取り直して下を見ると今度はこれ





ヨガの前にヨガ対カンフーが気になりすぎて捗らない

座頭魄市orejiru at 00:23│コメント(0)トラックバック(0)真理  | このエントリーをはてなブックマークに追加
最新記事
記事検索